ワセリン

ワセリンでアレルギーの心配は?安心して使える魅力を解説します

投稿日:

・ワセリンはアレルギー体質でも使えるのでしょうか?
・ワセリンがアレルギーを誘発することはあるのでしょうか?

使う前にしっかり知っておきたいポイントですよね。ここではワセリンとアレルギー体質の関係についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

アレルギー体質でも使えるから安心

数ある軟膏の中でもワセリンは皮膚への刺激がもっとも少なくアレルギー体質でも使えるという点から安心して使えます。肌の水分が逃げぬよう油膜を張って蒸発を防ぐのにすぐれていますが、他の保湿成分のようにうるおいを与えて角質層の保水力を高めるような効果はのぞめません。作用がなければ副作用もないワセリンはアレルギー体質でも安心して使えます。

 

特定のアレルゲンを持つアレルギーですが、アトピー性皮膚炎は原因不明なことが多いのが特徴です。しかし治療法のひとつとしてワセリンで肌の表面を保護しあらゆる外的刺激や水分蒸発を防ぐ方法があります。アトピー改善のためには肌の水分保持力も高めなければなりませんが、そのためにはまず水分蒸発を防がなければなりません。そのためにワセリンが効果的なのでぜひ活用しましょう。

スポンサーリンク

花粉症ケアに最適なワセリン

アレルギーの方でも安心して使えるほどワセリンは安全です。ただスキンケアや皮膚の治療に用いるだけでなく、花粉症ケアにも役立ちますよ。どのようにして使うのかと言うと鼻の中の粘膜につけておきます。ワセリンで油膜を張ることで花粉が直接触れるのを防ぐことができますよ。使う量はしっかりムラなくつけると効果的です。安全なオイルだからこそ成せる業でしょう。

 

また鼻の穴まわり、目のまわりにつければ、花粉の侵入を防ぐことができます。パーツの外周りにつければワセリンが花粉をキャッチして、接触をより確実に防げますよ。ただ時間の経過とともに落ちてしまったり、こすってしまうと効果がなくなったりしてしまうのでマメにつけなおしましょう。鼻下につかえば鼻をかんだときの保湿や摩擦の軽減にもつながります。工夫して使えるのも魅力ですよ。

スポンサーリンク

接触性皮膚炎に注意したいワセリン

ただアレルギーの症状としてワセリンを使ったときに接触性皮膚炎を引き起こす方がいます。ワセリンそのものが悪いのではなく、含まれている不純物に反応し赤味や刺激を感じてしまうので注意しましょう。また誰でも肌トラブルを引き起こすのではなくワセリンの純度や個々の肌質によって違ってくるので、自分に合った使い方をするのがベストです。

 

不純物を徹底的に取り除いたワセリンはアレルギーの心配がありません。純度の低い順に黄色ワセリン・白色ワセリン・プロペト・サンホワイトがあり、白色ワセリンは医療で利用されるレベルまで精製されているので極めて安全です。ただ中には精製度の低いものもあって接触性皮膚炎を引き起こすことも。よって商品選びをしっかり行うことが大切でしょう。またプロペトやサンホワイトもあるので利用すると安心ですよ。

スポンサーリンク

ワセリンを使ってはいけない人

アレルギーに似た症状にあせも・脂性肌によるニキビがありますが、ワセリンは使わないようにしましょう。同じ皮膚トラブルですが使用してはいけません。あせもは汗の通り道をふさいでしまい、汗が皮膚の下にたまってしまうことで引き起こしてしまいます。そこへワセリンを使うとワセリンの油膜が肌の表面を隙間なく覆うため、より汗が排出されにくくなって悪化させてしまいます。

 

特にあせもの方はお風呂上りに注意が必要で、ワセリンを入浴後すぐに使うと汗だけでなく熱も体内にこもってしまうため、かゆみが増してしまうおそれがあります。脂性肌ニキビは毛穴の皮脂を除去するケアが重要なため、ワセリンで毛穴にふたをしてしまうと悪化させてしまうおそれがあります。乾燥肌によるニキビは肌の乾燥が大元の原因になるので保湿に役立つワセリンを使えば効果的なパターンが多いのでぜひ試してください。自分の症状を見極めて上手に活用しましょう。

 

まとめ

  • 作用をもたないワセリンは副作用なし。よってアレルギーでも安心して使える
  • 花粉症のケアにも使えるのが魅力
  • 注意したいアレルギー症状は接触性皮膚炎
  • あせも・脂性肌ニキビにワセリンは使わないようにしよう

ワセリンそのものでアレルギーを引き起こすことはありません。ただワセリンの精度によってはまれに接触性皮膚炎を引き起こしてしまうので注意しましょう。純度の高いプロペトやサンホワイトはアレルギーでも安心して使えるのが魅力です。白色ワセリンも医療レベルで使われるほど高純度ですが、商品によっては差があるので注意して選びましょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.