妊娠線

妊娠線を消したいときはどうすれば?無理のない自分だけの方法とは?

更新日:

shutterstock_198414131

妊娠線をいくら妊娠中から予防していても、妊娠線ができてしまうときがあります。だけど女性の肌に跡が残るのはとても悲しいものです。できれば以前のきれいな肌に戻りたいと誰しもが思うものではないでしょうか。
しかし妊娠線は消え辛いといわれ、できてしまった妊娠線を諦めている人も多くいます。妊娠線を消したいとき、どのようなことを行えばよいのでしょうか。

 

ママだからといって諦めない

妊娠線は注意していてもできてしまうときがあります。初めての出産であれば慣れない赤ちゃんのお世話から、出産後のホルモンバランスの乱れなどで色々と落ち込んだりすることもあります。
そんな時に妊娠線ができてしまっていると悲しくなってしまうものです。パートナーにも見せるのが嫌になったり、子供とプールにいくのも尻込みしてしまい自分に自信が持てなくなってしまうという経験がある人も少なくないのではないでしょうか。
かわいい我が子を産んだ証として堂々としていればよいのですが、どうしても女性であれば自分の肌に跡が残るのは気になります。
できれば消したいというのも当然のことです。
ママになったのだから、妊娠線くらい我慢しようと思うかもしれませんがママだからといってキレイになることを我慢しなくてもよいのです。妊娠線が消したいという悩みを解決することで、気分も晴れやかになり子育てももっと楽しくなるかもしれません。ママだからといって妊娠線を消したいという悩みを諦めないでよいのです。

 

ケアは早いほうが良い

妊娠線を消したいのであれば、早めにケアするほうが効果的です。
できた妊娠線は完全に元通りの肌に戻すということはできませんが、自分自身にあった方法でケアすることでかなり妊娠線を目立たなくすることができます。よく見ると妊娠線だったかなというくらいまで妊娠線を薄く消すことができます。
もし妊娠線を消したいのであれば、迷わず早めにケアを行っていきましょう。
しかし出産直後は赤ちゃんのお世話で精一杯になっていて、自分のケアをするヒマがないという場合もあります。早く妊娠線を消すためのケアをしなければならないからといって、無理をしてはいけません。自分のペースで無理のないように妊娠線ケアを行っていきましょう。
妊娠線ができてしまった自分の体ではないような感じがして悲しく思い、急いでケアしなければとプレッシャーを感じてしまわないようにしましょう。あくまで無理なくできる範囲で早い時期からの妊娠線のケアを大事にしましょう。

 

無理のない妊娠線ケア

普段の生活から無理なく妊娠線を消したいと思ったときにできるケアは肌を保湿することです。お風呂あがりや出かける前に妊娠線が気になる箇所を保湿していくだけでも妊娠線を薄くする効果があります。すぐに効果が現れることはないですが、普段からしているのとしていないのでは変わってきます。
お風呂あがりは子供のお世話でそんな余裕がないという場合は、ちょっと一息ついたときでよいのでリラックスタイムとしてクリームやオイルを塗ってみてはいかがでしょうか。クリームやオイルを塗りながら軽くマッサージなどをするとよいでしょう。
保湿ケアをする場合は自分の肌にあったクリームやオイルを使うのがよいですが、妊娠線クリームを使ったほうがやはり妊娠線を消したいときには効果が高くなります。妊娠線クリームは高価なものから安価なものまで数多くありますが、価格で良い悪いを決めるよりは自分の肌に合っているかや使い心地で選ぶほうが効果的です。

 

まとめ

妊娠線を消したいという悩みは誰もが持つものです。産後すぐや生活スタイルなどでなかなか自分のケアまでは手が回らないという方も多いですが、自宅で簡単にできるケアもあります。無理のない自分に合った方法を見つけてみましょう。

-妊娠線

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.