美容

脇汗の臭い、シミ、黄ばみが付いた服を洗濯でキレイにする方法

投稿日:

汗をかいた女性

脇汗のシャツなどの黄ばみや臭いに結構悩んでいる方は多いと思います。

特にお子さんなどは学校で運動をしますから知らず知らずの間にわきの下のところが黄色くなっていることに、洗濯ものを干しているときに気づくことがあります。

でも気付いたとしても、見てみぬふりではありませんが、そのままにしてしまっているのではないでしょうか?

実は、黄ばみが付いた服を洗濯でキレイにする方法があるのです。

 

脇汗の臭いの原因とは?

脇汗のにおいの原因が、もともとワキガだったりするとどうしてもこのにおいの発生を防ぐのは困難です。

脇の皮膚のエポクリンサンが分泌されて独特なワキガ臭を放つわけです。

でもワキガでない人も臭いはしたりするものです。これには幾分かの個人差はあるようですが、特に食品などの関係もあるのです。

たとえば汗をかく前の日に脂っこいものを食べていたりしますと汗のにおいがきつくなったりするものです。

 

それから、お酒類などをよく飲んだりしますとわきの下は臭くなったりするものです。

汗はもともと臭いがするものではありますが、そういった食べる物の食品にもよるとも言われているのです。

それからもともとの体臭的なものもあります。

体臭がきついわけですから、当然ながら脇汗は臭うものです。ワキガの匂いと汗っかきの匂いは少し違うとは思いますが、できるなら臭わない方がいいものです。

 

脇汗のシミの落とし方

脇汗のシミの落とし方は、一般的には市販の衣料用のシミ落としなどを使う方は多いとは思いますがもう一ついい方法があります。

それは食器用の漂白剤です。

市販の漂白剤やシミ抜きでは本当に長年の頑固なシミなどは簡単に落ちるものではありません。ましてやワキガや汗っかきのシミは頑固なものです。

使用方法は、次の通りです。

  1. 食器用の漂白剤をちょっと大きめの洗面器などにキャップ一杯だけぬるま湯に入れてかき混ぜます。
  2. ぬるま湯にシャツの黄色い部分をつけて入れます。
  3. 30分くらい待つ。
  4. 黄ばみが落ちているか確認する。

できるだけシミがあるところだけをつけるようにすることがポイントです。

なぜかといいますと、食器用の漂白剤は衣料用と違って刺激が強いですから他のところを痛めたりすることがあるからです。

素材によっては、漂白剤の入れる量を変えていく必要があります。また時間についても30分以上はつけない方がベストです。

 

脇汗の黄ばみを洗濯で簡単に落とす方法

洗濯で落とすことはできますが、上記に書いたことを前もってやっておくことによって
より洗濯の質が変わってきます。

できるだけ生地を傷めないように食器用の漂白剤をぬるま湯に混ぜて、衣類を30分つけてからあげます。

そのあとは食器用の漂泊剤をすすぎます。これは手作業でいいと思います。必ずビニールの手袋をして行うようにしてください。

あげた時点である程度落ちていると思いますが、頑固なものはさらに、衣料用の漂泊剤を使って仕上げるといいです。

通常の洗濯で使う洗剤は一般的なものでは落とすことができない方がおおいのではないでしょうか?

やはりどこかで刺激の強いものを使用しないとなかなか落ちません。

黄ばみも度合いによりますから、長年の使った衣類の黄ばみなどは頑固なので手段が変わりますが、新しいものであれば、普段から漂白剤を使っていればシミもつきにくいのではないでしょうか?

 

まとめ

汗の黄ばみやシミをつくらないということが一番大切ですが、着替えや洗濯時に目を凝らして衣類を確認したりしませんよね?

そんなとき、食器用の漂白剤をうまく使うことで、衣類を傷めず落とすことができるんです。ただし、刺激が強いものですから、最初は少量から衣類へお試ししてみてください。

不思議なことに、仕上がりはどことなくクリーニング屋さんのパリパリノのり付けした感じを楽しむことができます。

-美容
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.