ペット

柴犬の散歩の時間はどの程度?行かない場合の対処法は?

投稿日:

柴犬

柴犬は大人しい性格をしていますが、昔は猟犬として育てられていました。
ですから、散歩や激しい運動を好む傾向にあります。
肥満体質になりやすい体をしているため、
毎日の散歩が柴犬健康の元になると言っても過言ではありません。

1日何回、どのくらいの時間を掛けて散歩すればいいのか?
散歩に行きたがらない時はどうしたらいいのか?
そんな柴犬の散歩についての疑問を紐解いていきましょう。

柴犬の適切な散歩時間と回数は?

柴犬の散歩は1日2回朝夕に行うのが一般的です。
私も毎日必ず朝と夕方に飼い犬の柴犬散歩に連れて行っています。

時間は1回につき20~30分ほどで、
トイレもその時に済ませるようにしています。

時間が長すぎては柴犬も飼い主も疲れてしまいますし、
短すぎても柴犬の不満がたまるばかりなので
この時間が丁度良い塩梅です。

30分以上散歩したのに柴犬が不満そうにしている場合は、
一緒に走ったり自転車引きをしたりすると良いでしょう。

柴犬が散歩をしたがっているからと言って
回数や時間を増やしてしまうと、
「この人は自分の言う事を聞いてくれるんだな」と
勘違いしてしまい我儘な性格になる恐れがあります。

もし散歩から帰る時間になっても柴犬が動かない時は
「もう散歩はおしまいだから帰るよ」という意志をハッキリと示し
リードを短く持ち素早く家に帰りましょう。

散歩のやり方一つでも柴犬と飼い主の主従関係がハッキリと見えてきます。
我儘には応じないという確固たる決意を持ってください。

柴犬が散歩に行きたがらない時の対処法は?

柴犬にとって散歩が重要だということは上で説明しました。
では、柴犬が散歩に行きたがらない時はどうしたら良いのでしょうか?
良くあるトラブルと解決法を紹介します。

散歩が嫌いな性格をしている

基本的に柴犬は運動が大好きなのですが、
まれに散歩が大嫌いな犬もいます。
これは一匹一匹の性格に因るところが大きいので
地道に散歩の楽しさを教えてあげるしかありません。

トイレを済ませてすぐ帰るのではなく、
ボール遊びなどをして一緒に遊んであげると
散歩=遊ぶ=楽しいと思うようになってくれます。

雨に濡れるのが嫌

雨の日に散歩に行きたがらない時は
雨に濡れるのを嫌がっている場合が多いです。

柴犬は大きな耳と長い毛をしているため
耳や体に雨が纏わり付きやすいのです。

普段からシャワーなどで水に慣れさせておくと
雨の日でもスムーズに散歩を行う事ができます。

また、最近では柴犬用のレインコートも販売されているので
それを購入して着用させるのも一つの手です。

地面が熱い(アスファルトが焼けている)

靴を履いていると分かりにくいのですが、
春~秋の晴天時のアスファルトは非常に熱いです。
昼間は鉄板のように焼けていると言っても過言ではありません。

散歩の用意をしている時は元気だったのに、外に出た途端
歩かなくなった時は地面が熱くなっている可能性があります。

真夏日の昼間に柴犬を散歩に連れて行くと肉球が焼けてしまうので
なるべく早い時間に散歩に連れて行くようにしましょう。

柴犬の散回数は増やしたり減らしたりしてもいいの?

1日2回、朝夕が原則だと述べていますが
状況や都合、ライフスタイルに応じて
増やしたり減らしたりすることはもちろん可能です。

ただし、あまりに散歩に出る時間や回数が不定期すぎると
柴犬の中の体内時計が狂い出し
健康に支障が出る恐れがあります。

また、トイレを我慢することによって
病気になる危険性も出てきます。

出来るだけ決まった時間、決まった回数の散歩を
こなすように工夫しましょう。

まとめ

散歩は柴犬のストレスを発散させるという
とても重要な役割を担っています。

また、コミュニケーションを取ったりしつけをしたり
社会的なマナーを身に付けるのにも有効です。

飼い主にとっても柴犬にとっても
運動不足を解消するいい機会となります。

規則正しく散歩を重ねることは
お互いの健康維持に役立ちますから、
ぜひ毎日の習慣としてください。

-ペット
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.