シミ

シミに効く成分!美白化粧品の美白成分は9種類!

投稿日:

シミのケアにはサプリメント、内服薬、レーザー治療など様々な方法がありますね。
その中でも一番手軽に毎日続けられるケアとして有効的なのが美白化粧品を利用したケアだと思います。

美白化粧品というのは、シミの原因となるメラニン色素の量を減らすように作用する美白成分が配合されている化粧品の事です。
美白成分は、メラニンが作られる過程においてどのかしらの部分でその生成を抑制する働きをします。

どの部分で作用するかというのは、美白成分の種類によって異なりますので一概には言えません。
そこでこのページでは、より効率的かつ効果的なシミケアができるように美白化粧品、美白成分に関する基本的な知識を一緒に学んでいきたいと思います。

 

美白化粧品の選び方

皆さんは化粧品をどこで購入していますか?
専門店などで購入するという人もいるとは思いますが、大半の人がドラッグストアなどで購入しているのではないでしょうか?

ドラッグストアで化粧品を購入する時に一番困るのが種類の多さですね。
たくさんのメーカーが様々な製品を開発販売していますので、一言で美白化粧品といってもかなり豊富な製品が存在していると思います。
では、そのようにたくさんある化粧品の中から一体何を基準に美白化粧品を選べばよりシミ対策に効果を発揮する事ができるのでしょうか?

まず大切なのは、当然の事ですが「美白成分」がきちんと配合されているという点です。
美白成分の詳細については後ほど説明しますのでそちらを参考にして頂きたいのですが、パッケージに大きく「美白」と書かれていても成分表示をよくみると美白成分の配合量が少ないというものを少なくありません。

そのため、パッケージや売り文句の惑わされる事なく、購入する際にはきちんと成分表示を確認するようにしましょう。
そうなると、美白成分に関する知識を簡単にでも頭に入れておく必要がありますね。

 

美白成分について

美白成分には色々な種類がありますが、大きく分けると2つに分類する事ができます。
それは厚生労働省の許可を得ているものとそうでないものです。
厚生労働省の許可を得ている成分が9種類、許可を得ていないものについてはかなりの数がありますがここでは代表的なものを紹介しておきましょう。

【厚生労働省の許可を得ている美白成分】
・アルブチン
・トラネキサム酸
・エラグ酸
・ルシノール
・プラセンタエキス
・リノール酸
・ビタミンC誘導体
・カモミラET
・t-シクロアミノ酸誘導体

【厚生労働省の許可を得ていないが良く用いられる美白成分】
・ハイドロキノン
・フラーレン

まず覚えておきたいのは、「美白化粧品」という名称で販売しても良いのは厚生労働省の許可を得ている9種類の美白成分のどれかを必ず配合しているという条件をクリアしている製品のみであるという点です。
これらの成分が配合されていない場合は、医薬部外品の許可を受ける事ができないので美白化粧品と呼ぶ事はできません。

 

美白成分の選び方

このように美白成分には色々な種類があります。
まずは厚生労働省が許可している9種類をある程度覚えておけば、手にした化粧品が美白化粧品かどうかという判断は付ける事ができますね。

また、美白成分というのはそれぞれの成分によって効果が異なりますし、人によって効果の出方も違うという特徴があります。
そのため、成分によっては肌に合わない場合もあるという事も覚えておくと良いでしょう。
どの成分が自分に合っているのかというのは、実際に使ってみながら判断していくしかありません。

そのため、できればサンプルやお試しサイズなどで使用感を試す事ができる製品を選ぶというのも1つの方法です。
逆に考えると1つの成分であまり効果が感じられなかったとしてももしかしたら他の成分で効果が出る可能性もあるという事ですね。

 

まとめ

シミケアの中でも一番手軽で毎日継続できるものだからこそ、きちんと自分にあった化粧品を選んでより効果的なケアをしたいものですね。
そのためにも、ここで学んだ美白化粧品の定義、美白成分の内容についてをよく頭に入れて、安易にパッケージだけで化粧品を選ばずにきちんと成分を確認してから購入するようにしたいものですね。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.