冬の行事

上司や同僚に喜ばれるバレンタインのプレゼントならコレ!

投稿日:

バレンタインチョコ

そろそろ2月14日のバレンタインデーについて考え始める人も多いのではないでしょうか。

最近では、彼へのプレゼントよりも、いつもお世話になっている上司や同僚へのプレゼントをどうしようか悩む人も増えています。

ここでは、上司や同僚に喜ばれるバレンタインのプレゼント5つを見ていきます。

バレンタインプレゼント1:チョコレート

バレンタインのプレゼントがチョコレートだなんて定番中の定番ですが、『バレンタインデーにチョコレートをもらう』という事実そのものが男心をくすぐるものです。

また、バレンタインデーが近づくとデパートやスーパーなのでも特設会場や特設コーナーができるなど、ブランドも値段も豊富になるので、選ぶには困りません。感謝の気持ちは込めつつも、予算内に収まる様なチョコレートを選んでみてはいかがでしょうか。

バレンタインプレゼント2:低カロリースイーツ

いつもお世話になっている上司や同僚の中にはダイエット中だったり医師からの指導があったりということで、チョコレートを避ける傾向にある人もいるでしょう。そのような人へのプレゼントには低カロリースイーツがオススメです。

そもそも、バレンタインデーに女性が男性にチョコレートを贈るのは日本独自の習慣で、欧米では、恋人や友達、家族などがお互いにカードや花束、お菓子などを贈っていますから、バレンタインデーにチョコレート以外のものをプレゼントしても失礼にはあたらないのです。

 

身近にあるお店では見つけることが難しい低カロリースイーツも、インターネットを使えばすぐに見つけることができますし、品物を取りに行く手間なども省くことができて便利です。

例えば、ECサイト大手の『楽天市場』の中には『低カロリースイーツコーナー』という特集が組まれているページがあります(こちら)。

このページには豆腐ドーナツやおからクッキーなどのような定番のダイエットスイーツはもちろん、米粉を100%使った低カロリースイーツや、砂糖の代わりに還元麦芽糖を使ってカロリーを抑えたスイーツなど、ラインナップも豊富です。

バレンタインプレゼント3:コーヒーや紅茶

スイーツそのものを好まない上司や同僚がいつもコーヒーや紅茶を飲んでいるのであれば、バレンタインのプレゼントとしてコーヒーや紅茶を贈るのも良さそうです。

特に、いつも飲んでいるコーヒーや紅茶の種類が一緒だという人にはこだわりがあるのかもしれませんから、「どんな味のものを飲んでいるのですか?」「好きになるきっかけとかがあったのですか?」などと日頃の会話の中で聞いて事前リサーチをしてみてください。

事前リサーチをした上で、上司や同僚の好みに合ったコーヒーや紅茶をバレンタインのプレゼントとして贈ることができれば、周囲がよく見えていると高評価をもらうこともできるでしょう。

バレンタインプレゼント4:観葉植物

特にPCでの作業が多いオフィスで働く上司や同僚にオススメしたいのは観葉植物です。植物には人体に有害な揮発性有機化合物を除去する効果があるとNASA(アメリカ航空宇宙局)が1984年に報告した研究結果は有名です。

また、植物には、植物が目に入る環境下では人の脳波からアルファ波が増幅されてリラックス状態になるという効果や植物を眺めると視覚疲労が解消されるとう効果も期待できます。

これらの知識を盛り込みながら観葉植物を贈る事で、日頃の感謝も伝わりやすそうです。

バレンタインプレゼント5:色紙

まるで送別の品のようですが、何人かで集まって色紙に日頃の感謝の気持ちを綴り、バレンタインのプレゼントとして贈るのもアリです。実際、欧米のバレンタインデーに恋人や友達、家族などがお互いにカードを贈り合うということもしています。

最近では、色紙そのもののクオリティが向上していて、飛び出す絵本の要になっている色紙やフォトフレームと一緒になっている色紙など、種類も多様化しています。

まとめ

バレンタインのプレゼントはあくまでも、上司や同僚に日頃お世話になっている感謝を伝えるツールのひとつです。

何を贈るか、いくら相当のものを贈るかということよりも、送る相手の事を考えたプレゼントを吟味したいものです。

-冬の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.