ワセリン

ワセリンの使い道とは?スキンケア・美容ヘルスケア・生活で役立つ知識

投稿日:

ワセリンの使い道にはどのようなものがあるのでしょうか?

主に皮膚科での治療に使われるワセリンですが、使いきれず残ってしまうこともあるでしょう。乾燥に役立つとして知られていますが、スキンケアや美容・ヘルスケアにも使えたらいいですよね

ここではワセリンにはどのような使い道があるのかについてまとめました。

スポンサーリンク

もっともポピュラーなスキンケア

スキンケア

まず乾燥肌のお手入れとしてワセリンでのケアがもっともポピュラーではないでしょうか

米1粒程度を手のひらに伸ばして薄くつけます。つけすぎるとベタつくうえ、逆に乾燥を作ってしまうので注意しましょう。敏感肌のケアはワセリンのみと医師も推奨する方法ですよ。

 

ハンドクリーム

スキンケアについでハンドクリームとして使うのも一般的でしょう。他のハンドクリームと違ってワセリンは界面活性剤を使っていないため、水に溶けない性質があります。よって水仕事前に使えばバリアとなって水や洗剤による肌荒れから守ってくれます。ほんの少量でしっとりする優秀さも魅力でしょう。

 

メイク下地

メイク下地としてワセリン使えば皮脂によって浮いてしまいがちなメイク崩れを防げます。皮脂の過剰分泌の原因の多くは肌の乾燥で、乾燥は皮脂が足りないため引き起こされてしまいます。ワセリンは皮脂膜代わりとなって乾燥を防ぐメイク下地として役立ちます。また仕上げに使えばつやメイクとして使えるのも魅力ですよ。

スポンサーリンク

美容・ヘルスケアに効果的なワセリン

ヘアケア

お肌だけでなく髪にも使えるワセリン。入浴後、ほんの少しだけを手に取って伸ばし、髪全体につけてからドライヤーをかけましょう。ワセリンが髪をコーティングして内部の水分が漏れ出てしまうのを防ぎ、しっとり感の持続に繋がります。またフケや頭皮の乾燥を感じる場合も、ほんの少量のワセリンを使えば防げますよ。

 

花粉症

皮膚や粘膜を保護するワセリンは花粉症予防にも効果的です。鼻の中にワセリンを塗ればクッションとなって粘膜への付着を防ぎ、つらい症状を和らげるのに役立ちます。同じく目頭・まぶた・目の下と目の周りにも使ってください。また鼻の下・穴周りにも塗っておきましょう。

花粉はダイレクトに体内へ侵入するのではなく、皮膚上から入ってくることが多いので目や鼻周りに塗ることでつらい症状を軽減するのに役立ちます。

 

傷口

傷口にワセリンを塗れば早く治すことに繋がります。傷は保湿するとすばやくキレイに治るので効果的ですよ。これを潤滑療法と言い、現在では医師も推奨するセルフケアの一つです。外側から菌の侵入を防ぎ、内側の水分が蒸発しない作用が期待できます。

スポンサーリンク

その他の使い道でも役立つワセリン

革製品のお手入れ

靴・バック・ベルト・財布・ジャケット・グローブ…などあらゆる革製品のお手入れでもワセリンが使えます。ワセリンでつや出しはもちろん、拭くことでゴワゴワの手触りもしなやかになりますよ。また保護膜ができて防水効果を得られるのも魅力でしょう。

 

ピアスの挿入・ファスナー・靴擦れなど潤滑油効果も

久しぶりに使ったピアスが挿入しにくい・ファスナーの滑りが悪い、などのトラブルにワセリンを使えばスムーズにできます。他には指輪がはずれなくなったときや、マニュキアのボトルの口に塗ることでも開封しやすくなり、潤滑油の役割も果たすので非常に便利ですよ。

 

また靴ずれに使えば傷口を保護しながら治癒を促しつつ、ワセリンがクッションとなって痛みを軽減するのにも役立ちます。ただファスナーや指輪・ピアスなどに使ったときはしっかりふき取ってくださいね。ほこりなどが付着して故障してしまったり不潔になってしまったりするので清潔を保ちましょう。

 

肌の油性ペン落とし

油性ペンとワセリンは同じ油性なのでなじみがよく確実に落とせます。特に子供が手に書いたらくがきなどを落とすのに最適ですよ。ワセリンをなじませて5分ほどおいたら軽くティッシュでふき取りましょう。すっきり落とせます。

 

まとめ

  • スキンケア・美容・ヘルスケア・日常生活…とあらゆる方法で使えるのがワセリンの魅力
  • スキンケアでは肌のお手入れ・メイク・ハンドクリーム…と用途多彩

保湿ケアのお供としてメジャーなワセリンですが、美容・健康・その他の日常生活にも役立ちます。スキンケアひとつをとっても効果的にケアできるのでおすすめです。

またヘアケアや生活の上でも使えるのでひとつ持っていると非常に便利ですね。ワセリンは便利で役立つものなのでぜひ活用しましょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.