健康

睡眠不足を解消したい!熟睡する方法はないの?

投稿日:

寝ている女性

睡眠不足を解消するために、毎日の生活のリズムを作り、7時間から8時間の睡眠時間をとるようにしましょう。

毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きることで、睡眠不足が改善されます。

適度な運動と入浴を心がけ、快適な布団を選んで、寝る前に照明を暗くすることで、熟睡を促すことができます。

睡眠不足を解消するために

睡眠不足を解消するためには、毎日の生活習慣を整える必要があります。まずは、毎日決まった時間に寝て、決まった時間に起きる、生活のリズムを作るようにしましょう。

一般的には、毎日平均して7時間から8時間ほどの睡眠時間が必要です。

必要な睡眠時間は人によって異なりますが、中には4時間ほどで済む人もいますし、10時間ほど必要な人もいます。

日中に眠くて仕事の効率が上がらない時には、少しだけ仮眠をするとすっきりして仕事の効率が上がります。

 

仮眠は少しだけがポイントで、ぐっすり昼寝をしてしまうと夜に寝れなくなってしまいます。生活のリズムを整えるためには、太陽の日光を浴びることが大切です。

夜寝る前はできるだけ照明を暗くして、朝起きたら太陽の日差しを浴びることで、体内時計を調整することができます。

生活のリズムを整えて睡眠不足を解消するには、できるだけ早寝早起きを心がけるようにしましょう。

睡眠不足を解消するために熟睡

熟睡を促すために、就寝の数時間前までに軽く運動をするようにしましょう。

睡眠の少し前に入浴することで、体温が一時的に上がり、体温低下を起こすことで寝つきが良くなります。寝る前の30分くらいは部屋を暗くして、運動や興奮することは避けましょう。

寝る前にお酒を飲む場合は、適度に少量を飲むようにして、飲み過ぎないようにしましょう。寝る前にお酒を飲みすぎると、睡眠が浅くなってしまいます。

寝る前に、コーヒーやお茶を飲むと、カフェイン効果で眠れなくなることがありますから、少量か薄めるかして飲むようにしましょう。

寝る前に湯冷ましの水をコップ一杯飲むと、睡眠中の体調や血液の流れを整えることができます。布団の心地よさや枕の高さも、睡眠と大いに関係がありますから、心地の良い寝具を選ぶようにしましょう。

 

アルファー波セルフコントロールのCDなど、睡眠を促す効果のある音楽を聞きながら寝るのもおすすめです。でも中には音楽が気になって寝れない方もいますから、その場合は睡眠を促す音楽も必要ないでしょう。

ストレスや心配事があると眠れなくなりますから、気持ちをリラックスして生活できるように心がけましょう。

夜にしっかりと熟睡ができるように、あまり昼寝はしないようにしましょう。日中に眠くなったら、短い時間だけの仮眠にしましょう。

睡眠不足を解消して健康に

睡眠不足が解消できると、すっきりして体調が整い、毎日の生活が生き生きしてきます。

十分な睡眠で心身共に健康な状態になると、仕事の効率もよくなりますし、人間関係も向上します。

適切な睡眠をとることで、日中の疲労感や眠気、集中力の低下などを防ぐことができます。人間関係や仕事の面が順調になると、気分も良くなり自然とストレスや悩みも少なくなるのです。

精神的な面でも健康になりますから、うつ病の予防にもなるでしょう。

このように、健康な体と精神状態を保つためには、十分な睡眠が必要なのです。

まとめ

睡眠不足を解消するために、早寝早起きの生活習慣を身に着けて、自分の体質に必要な十分な睡眠をとるようにしましょう。

就寝する前の時間に、適度な運動や入浴、飲食などを気をつけることで、熟睡を促すことができるでしょう。

十分な睡眠をとることで、毎日の生活が充実するだけでなく、心身共に健康な状態で生活することができるのです。

-健康

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.