こども

出産祝いを送る時期は早すぎてもダメ!生後1ヶ月の理由とは?

投稿日:

出産祝い

友人や会社の上司など、普段付き合いがある人に赤ちゃんが生まれたら出産祝いを贈りますよね。でも、いつ渡すのがベストなのかと言われると意外と分からないものです。

出産祝いは通常生後7日~生後1か月の間に渡すのが良いとされています。今回は意外と知らない出産祝いを渡す時期に関して気を付けたいマナーを紹介していきます。

出産祝いを渡す時期が生後7日~生後1ヶ月の理由とは?

出産祝いとは、自分にとって近しい間柄の人が出産した時に赤ちゃんの無事を祝って、お金や品物をプレゼントする事です。

ここで気を付けたいのは、「出産=めでたい」ということではないということです。

出産と言うものは、「赤ちゃんを産む」という大変な仕事を母子ともに正に命がけで行うものです。出産後であっても安心はできません。

 

せっかく生まれてきたのに、すぐに亡くなってしまう赤ちゃんもいますし、産後の経過が悪くてお母さんが亡くなってしまう事も少なくありません。

出産祝いを渡す時期として、生後7日~生後1ヶ月と言われているのは、こういった命に関わる危険がひと段落する時期であるからだと言われています。

この時期には

  • 生後7日は、赤ちゃんの命名書を飾ってお祝いする「お七夜(おしちや)」
  • 生後1ヶ月は、神様に誕生報告と健康を祈願する「お宮参り」

と、赤ちゃんのお祝い事がありますのでこれらに合わせるのが良いとされています。

とはいえ、お七夜やお宮参りの前後日は先方も疲れていることでしょうから出産祝いを渡す時期としては不適切と言えますね。

これらの事を踏まえて、出産祝いを渡すのに最も適切な時期はこういった赤ちゃんのお祝い事と被らない「生後2~3週間後」が良いでしょう。

出産祝いを渡すのが遅くなってしまった時

出産祝いを渡そうとしていても、なかなか都合がつかず出産祝いを渡す時期が遅れてしまう事もあるでしょう。

もし、生後1か月以降にお祝いを渡したい場合は「出産祝い」ではなく「誕生祝い」とするのが良いでしょう。

 

一般的には、生後1年以内であれば「出産祝い」でも大丈夫なのですが、出産祝いを受け取った先方は「出産内祝い」の準備をしなければなりません。

こちらの都合で出産祝いが遅くなってしまうと、先方が出産内祝いを買い足さなければならないようになってしまうこともあるので気を付けてくださいね。

友達同士の出産祝いの場合

例えば、あなたの親友が出産したと聞いた時、すぐにでも駆けつけたくなりますよね?

でも、出産後は母子ともに疲れているでしょうし、少なからず命の危険もあります。そんな時に出産祝いだと病室に駆けつけてしまっては迷惑になってしまうかもしれません。

それと、むこうのご両親や親戚の方たちがお見舞いに来ているかもしれませんので、いくら友人だといっても率先して駆けつけるべきではないでしょう。

 

親しき中にも礼儀あり、どうしても会いたいということであれば予め先方に伺いを立てて、あくまでお見舞いというスタンスで行くのが良いでしょう。

もちろん、この時点で出産祝いを渡すのは避けて退院して落ち着いたころを見計らって、出産祝いを渡すようにしましょう。

まとめ

最後に出産祝いを渡す時期について気を付けたいマナーをまとめておきましょう。

  • 出産祝いを渡す時期は「生後2~3週間」の間がベスト
  • 先方の出産内祝いの準備のことも考えて、遅くなる場合は「お誕生祝い」とする
  • 友人同士であってもマナーをしっかり守って迷惑にならないように気を付ける

繰り返しになりますが、出産祝いとは出産後、母子ともに健康でいれた事を祝うものです。

中には、出産後に赤ちゃんやお母さんの体調が良くならず入院が長引いてしまう事もあります。そういった時は、無理に生後1か月までに出産祝いを渡す必要はないと言われています。

出産祝いを渡す時期は通常「生後2~3週間」ですが、時と場合に応じてその人にとってベストな時期を見計らって出産祝いを渡すようにしましょう。

-こども
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.