シミ

シミで薄くなった肌には刺激の少ない正しいクレンジング!

投稿日:

シミ対策というとUVケアや美白ケアが思い浮かぶという人が多いと思います。
もちろんこうしたケアもシミ対策としてはとても重要なポイントとなってきます。

ただ、こうしたケア以外に見落としがちなのがクレンジングによるシミケアです。
女性のほとんどが毎日メイクをして夜にはクレンジングをすると思います。

クレンジングは毎日行うものなので、これが間違っていると以外と肌に大きな負担をかけてしまう事になります。
そして、間違ったクレンジングがシミができやすい肌状態を引き起こしてしまうという事もあります。

そこで、このページではシミから肌を守るための正しいクレンジングの方法について考えてみたいと思います。

 

シミケアとクレンジング選び

クレンジングを行う時、どんな事に気をつけていますか?と聞かれた時、力を入れ過ぎない、肌に優しいクレンジング材を使うなどという事が思い付く人が多いと思います。

特にクレンジング材には色々な種類がありますね。
クリーム、オイル、ジェル、ローション、拭き取り、乳液など簡単に挙げてもこれだけの種類があります。シミケアで大切なのは、自分の肌と使用している化粧品に合ったクレンジング材を選ぶという事です。
肌や化粧品に合ったものを選ぶ事で余計な力を入れずにメイクを落とす事ができるからです。

メイクがなかなか落ちないと肌をゴシゴシとこすったり毛穴を押し広げるような事をしてしまいがちですが、これは肌に必要な潤いや角質までも落としてしまい肌トラブルを起こす原因となってしまいます。
また、メイクが肌に残っているとシミの原因にもなる事がありますので注意が必要です。

 

クレンジングの特徴

ではたくさんあるクレンジング材の中からどのような基準でアイテムを選べば良いのでしょう。
まずはクレンジングのタイプ別の特徴についてまとめておきたいと思います。

 

・クリームタイプ

泡立てる必要があり、きちんと泡立てないと肌を刺激する可能性もあります。
肌への刺激は少ないものが多いのでシミケアには向いているタイプのクレンジングだと言えるでしょう。

 

・オイルタイプ

メイクの落ちが良いという特徴があります。
ただし濯ぎ残しが起こりやすいタイプでもあり、アイテムによっては界面活性剤などが含まれているので長期的に使用すると肌トラブルになる可能性もあります。
また肌に必要な油分まで取り去る可能性が高いので十分な保湿ケアが必要です。

 

・ジェルタイプ

油分が含まれていないものが多いので肌への負担が少なめですが、その分アルコールが含まれているものが多いという特徴があります。
アルコールによって肌の油分が失われやすいので十分な保湿ケアを行う必要があります。
シミケアのためには美白成分が配合された保湿アイテムを使用すると良いでしょう。

 

・ローションタイプ

濃いめのメイクだと落ちにくい場合があります。
軽めのメイクを優しく落としたい人に向いています。

 

・拭き取りタイプ

肌を直接刺激するという点ではシミケアにはあまり向かないタイプかもしれませんね。
拭き取りの時に肌に必要な角質まで取り除く可能性があります。
携帯には便利なアイテムですが、使用する際には力加減や保湿ケアに十分に気をつけましょう。

 

・乳液タイプ

濃いめのメイクは落ちきらない場合があります。
肌にメイクが残っているとシミの原因にもなりますので、メイクによっては他のアイテムを使用した方が良いでしょう。
使用する場合には、気持ち多めの量を使用して肌をこすらないようにするのがポイントです。

 

肌を守るクレンジング

シミケアのためにはとにかく肌に余計な刺激を与えないという事が大切です。
そのためにも肌とメイクに合ったクレンジングを選び、正しい方法で使用する事が重要ですね。
先に挙げたクレンジングの特徴などを参考にしながらシミの原因を少しでも減らすクレンジングを心がけましょう。

 

まとめ

このようにシミケアといっても紫外線対策や美白ケアだけでなく、日常的なクレンジングやスキンケアの中で肌を刺激しないという事も大切だという事が分かりましたね。
シミが増えてきたなと感じたら、今までのクレンジングやスキンケアを見直してみるという事も大切です。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.