いびき

いびきの原因は脳梗塞の可能性も!怖い現実を知る!

投稿日:

一般的に言われるいびきの原因というのは、肥満や寝方などの原因で圧迫され、気道が狭まりいびきが起こるというものだと思いますが、あまりに激しいいびきや、一過性のいびきではなく、起きるまでずっといびきをかいている場合、睡眠中に酸素がいっていない無呼吸の状態に陥るなど・・・異常だと感じた場合はすぐに病院を受診する事をおすすめします。

睡眠時無呼吸症候群、糖尿病、高血圧、呼吸器官系など疑われる病気は多岐にわたります。
今回はその中でも、いびきの原因となりうる脳梗塞という病気に特化してお話しさせていただこうと思います。

 

脳梗塞によるいびき

脳梗塞というのは、脳血管障害のひとつに含まれる病気で、脳の血流がつまったりする事で、脳細胞が死んでしまう大変危険な病気です。
最悪のケースでは、死に至る病気で、国内の脳梗塞による死者の数は、年間7万人を超えるほどで、日本人の死亡原因の上位にランクインしています。

脳梗塞の発作が起きると、脳に異常が起き、舌が喉の奥の方に落ち込む問題が生じます。
結果としてそれが激しいいびきを産みます。処置が遅れると致命傷になる危険な病気なので、おかしいなと感じたらすぐに救急車を呼び、早期対処をするようこころがけましょう。

脳梗塞が起きている時は、意識不明の重体に陥っているので、判断を見誤らないよう素早く病院に連れて行くようにしてください。

 

脳梗塞が及ぼす身体への影響

脳梗塞により舌がのどに入り込み、呼吸困難に陥ると、酸素が脳におくられなくなってしまい、脳内の血流が妨害されてしまいます。
SASと呼ばれる睡眠時無呼吸症候群から、脳梗塞を誘発し死に至るケースも多数報告されています。
睡眠中に呼吸が止まってしまう場合、この可能性も考慮してください。

呼吸が正しく行えていないため、体の様々な部位に障害が出るようになり、脳卒中などの病気を誘発する可能性も出てきます。

 

脳血管疾患と無呼吸症候群は関係性が深く、はげしいいびきを伴う場合は、無呼吸状態に陥っていないか観察しておかないといけません。
独身の方は、いびきアプリなどを使って、睡眠中の自分のいびきを記録しておき、注意してみておくようにしましょう。

 

脳梗塞の原因

脳梗塞の原因は、4つあると言われています。

・高血圧
・喫煙
・糖尿病
・脂質異常症

この4つです。
他にも肥満症や不規則な生活習慣から起こる可能性もあるのですが、一番の原因となるのが高血圧です。
医師の指示のもと、脳梗塞が起きにくい生活習慣を心がけます。
血圧を毎日測定する事からはじめるのも、健康に対しての意識を変えるためにも良い事です。

 

脳梗塞における注意点

脳梗塞は意識を失っている重篤の状態にあるケースがあり、寝ているのか、意識を失っているのか、素人では気づきにくい場合があります。
息をしてないとか、何か異常を感じたら、手遅れになる前にすぐに救急車を呼び対処してもらうようにしましょう。

脳梗塞の場合、治療が遅れると、後遺症が残る場合があり、日常生活にも支障が出てしまいます。
いびき以外にも体の麻痺や、いきなり意識を失うような事があったら、脳梗塞ははじめとする脳血管系の病気の可能性も考えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

大きないびきで、通常のものとは違い、呼吸がとまっていたり、意識が止まっている場合は、脳梗塞による大変危険な状態に陥っているケースがあります。
すぐに対応しないと手遅れになる場合があるので、すぐに病院に搬送しましょう。

普段から高血圧などには気を付けておき、生活習慣を改め喫煙や肥満を解消する必要があります。
また、普段からいびき以外にも体のしびれや、突然意識不明になったりする場合は、脳梗塞の信号である場合もあるので、注意しておく必要があります。

-いびき

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.