健康

腱鞘炎は早期に治療を!保存治療による正しい治し方とは?

更新日:

middle-aged woman-06

最近はパソコン仕事で腱鞘炎を起こす人やスマホの使いすぎで、腱鞘炎になる人もいます。指が痛い、手首が痛い、肘が痛いなど痛みの出る場所が人により違うので落ち着きませんね。

この腱鞘炎は、冷やしたりサポーターでの改善が一般的で最終手段には手術を進められます。

手術は100%感知するとは限らないので『どうしたら治るのか』不安に思う人もいると思います。今回は腱鞘炎の治し方についてどこよりも詳しく解説します。

あなたの腱鞘炎はどこから?

指が曲がったまま伸びない、指の付け根にひっかかりがある。親指を動かすと痛いなど、指を動かすと痛みがあるものを『ばね指』と言います。

ばね指は手のひら側に指を曲げる腱鞘に炎症が起きる腱鞘炎です。親指に一番多く見られ、中指や薬指にも起きてしまいます。

ばね指は家事をする主婦や産後の女性に多く、女性の発症が多いようで『指を使う事で手のひらの腱鞘が炎症』を起こすために指の動きが制限され痛みが強くなります。

パソコンによる腱鞘炎はテニス肘

パソコンを利用する人は、指でなく手首や肘に倦怠感や痛みを感じることが多く『腕がだるい』『力が入らない』症状が強くなります。指を一本一本手のひらに曲げていくと、手首や腕の筋肉や腱が伸びたり縮んだりするのが分かります。

反対の手を沿えると、どの指を動かすとどの腱が動いているか感じます。パソコンは常に手首が下を向いてキーボードを叩いていますから『手の甲の腱』が常に動いています。

こうなると『手の甲から肘にかけての腱と筋肉』が疲労してしまうために手首は痛むけれど痛みを発生しているのは肘になるわけです。自分の腱鞘炎の原因がどこにあるのか、痛みを発生している場所はどこかにより治し方も異なる事を頭に入れてください。

腱鞘炎の治し方

辛い腱鞘炎の治療は一般的に『保存治療』を行います。

  • 安静
  • 湿布による炎症の緩和
  • サポーターやテーピングによる固定
  • ステロイド注射
  • マッサージや鍼灸

による行為です。

まずは炎症を抑える湿布で炎症を抑えながら安静を心掛けます。日常的な動作は仕方がありませんが、仕事でパソコンを使うなど手首や腕を使う人は痛みと格闘しながらともなりますが、安静を怠ると治るものも治らなくなるので出来るだけ動かさない時間を作るようにしてください。

どうしても動かさなくてはならない人は、サポーター等を利用するようですが炎症があるときに使用すると『悪化』は免れません。病院では有無を言わさずに装具で固定し『動けない』ようにする事もありますが、利き手だと不便で何も出来なくなります。

多くの人はステロイド注射に頼るようになり、軽い腱鞘炎なら痛みも引くので装具と併用すると治りも早くなります。炎症がある時には、炎症を取り去り痛みを無くしてしまうことが一番大切です。

その為には、何が何でも安静にするのが一番の治療で確実な治し方と言えます。

 

炎症が治まり、痛みが治まったらマッサージやストレッチ、鍼灸を利用して筋肉の緊張を取り去ります。腱鞘炎になる人の多くは『肩こり』『腰痛』でも悩んでいます。

身体の歪みにより、重心が片方に向かう事で筋肉や腱にも疲労を溜めやすくなるのです。一見関係のない身体の歪みが、腕や手首、指にも影響すると言えます。

腱鞘炎を治したい、繰り返さないようにする為には物理的な治療だけでなく身体の歪みを治していく全身のストレッチをプラスしてみましょう。左右を同じように動かしているつもりでも、腱鞘炎を起こす側の方が身体が固かったり動きが鈍くなっています。

腱鞘炎は決して指や手首だけの問題でなく、身体全体の問題であることを忘れないでください。

まとめ

腱鞘炎になったら、自分の癖を見直したり力を抜くことも考えたいもの。痛みや炎症が引いても、なぜ起こったのかを見つめない限りは繰り返してしまいます。

予防する事、適度に休ませたりストレッチで筋肉や腱をいたわる事が一番の治療ということなのです。

-健康
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.