シミ

シミそばかすには錠剤の内服薬!ビタミン系錠剤の実感効果とは?

投稿日:

そばかすに悩む女性のための内服薬は、市販でもたくさんの種類が販売されていますね。
私は10代の頃にできる遺伝的なそばかすというのはなかったのですが、20代半ばくらいから急にそばかすができ始めて30代になる頃にはかなり目立つようになってきました。

現在は30代半ばなのですが、そばかすができ始めてから外用薬、内服薬と併せて色々なアイテムを使用したケアを行ってきました。
色々と試してみた結果、現状、落ち着いているのは内服薬の「ハイチオールC」のシリーズです。
このページでは、私がこれまで試してきたそばかすケアについてお話してみたいと思います。

 

ビタミン系の錠剤

まず、そばかすができ始めて最初に試してみたのはビタミン系の錠剤です。
ビタミンは過剰に摂取しても必要ない分は自然に体外に排出されると言われています。
さらに、食品などからも摂取できる副作用が少ない成分という事もあってそばかすケア初心者としては挑戦しやすかったというのもあって、まずはビタミンCの錠剤を服用していました。
これに併せて、ビタミンC誘導体が配合された化粧水を使用していました。

 

ビタミン系錠剤の効果

20代後半はこのケアを行っていたんですが、この時期に失敗したのは紫外線対策です。
子育てをしていた事もあって季節関係なく子どもと外で遊ぶ時に紫外線を浴びる事が多く、紫外線対策をしないまま外に長時間出ている事が多かったので、これがそばかすを増やしてしまった原因にもなってしまったと思います。

こうした経緯もあるので一概には言えないのですが、私個人としてはビタミン系の錠剤は正直なところさほど効果を感じる事ができませんでした。
後から知ったのですが、そばかすの場合は美白化粧水などはあまり効果がない事もあるようですね。

 

ビタミン+L-システイン

ビタミンだけではあまり効果がないと感じたのでさらに他の成分をプラスしてみようと思って、30代になって注目し始めたのが「L-システイン」という成分です。
L-システインは、アミノ酸の一種で代謝を高めてくれる作用があるそうです。

ただ、食品などから摂取するのが難しくて放っておくと欠乏状態になりやすい成分でもあるそうです。
なので意識的に摂取してあげる事で身体の代謝を高める事ができるとされています。
代謝を高めてくれるという事は、肌のターンオーバーを助けてくれる働きをしてくれるという事なのでL-システインは美肌効果も期待できるという事ですね。

しかもビタミンCと一緒に摂取する事でより高い効果が期待できるという優秀な成分でもあります。
そんな事が言われているので、30代に入ってからはL-システインが配合されている商品を中心に色々と試してみました。

 

まとめ

現在は、「ハイチオールCプルミエール」という錠剤を服用してます。
このアイテムを使用する前には同じハイチオールシリーズの「ハイチオールCプラス」という錠剤を服用していました。
どちらもL-システインが配合されている錠剤なのですが、同時にビタミンCが配合されているという点がいいなと思って飲み始めました。

ビタミン系の錠剤だけを飲んでいた時よりも肌自体が落ち着いてきたような感じがしています。
プラスの方を飲んでいた時は、肌トラブルが減ってきて肌への効果は何となく感じていましたが、そばかす自体にはそれほど効果を感じる事がなかったです。

それでさらに効果が高そうなプルミエールに変えてみたのですが、このアイテムは1日2回だけ服用すれば良いので日中は仕事に行っている私的にはとても助かっています。
そばかす自体は、増える事がなくなって気持ち薄くなってきたような気がしているので気長に使ってみようかなと思っています。

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.