片頭痛

片頭痛の主な症状とは?頭痛と違い前兆がある?

更新日:

頭痛持ちの人が口にする『片頭痛持ちなんです』に『他の頭痛とどう違うの?』と疑問を持つ人もいると思います。

血管が拡張すると痛む事は知っていても『どんな症状が片頭痛』なのかよく分かっていない人もいるようです。片頭痛には特徴的な痛みがあります。

普通の頭痛のように『何となく痛い』のではなく、強い痛みがあり血管がドクドクと波打つように感じます。片頭痛は『片頭痛』とも書きますが、どちらか片方だけに痛みがある人もいれば全体的に強い痛みを感じる人もいます。

痛み出すと長時間続く事もあるために、仕事中や家事の途中にもなると何も手につかなくなってしまいます。

片頭痛の主な症状

  • 痛みが激しく、酷い時は何日も痛みが治まらない。
  • 片側に起こりやすく、ドクドクと血管が波打つ
  • 月に2回程度から、毎週起きてしまう。
  • 痛みはどんどん強くなり、ピークを過ぎると吐き気を伴う事もある
  • 痛みが強いために、何も手につかず、寝込んでしまうなど日常生活に支障か起きる事が多い。
  • 身体を動かすだけで痛みが強くなるので、寝返りも打てない程になる人もいる。
  • 臭いや光に敏感になり、テレビの音が耳障りに感じやすい。食事の臭いで嘔吐を繰り返したりする事もある。

片頭痛の前兆とは?

片頭痛を起こす人は頭痛が始まる前に、普段とは異なる予兆を感じるようです。全ての人がそうではありませんが、目がチカチカしたり視野が狭くなり立ち眩みを起こすのも1つです。

耳鳴りや、平行感覚の損失、手足のしびれや言語障害も特徴的です。運動の後に急に痛みが表れてきたり、飲酒や入浴後に激しい痛みを感じる事もあるので注意が必要です。

片頭痛は痛みが治まると、通常通りに生活が出来るので、市販の鎮痛剤で治めてしまう人が多いと思います。周期的に起こる片頭痛に鎮痛剤を乱用すると、胃腸に負担を掛けてしまい食事が取れなくなる事もあります。

コントロールの出来ない片頭痛を治療せずにいると、痛みの頻度が高くなります。片頭痛は治せる病気ですから、早めに頭痛外来や脳神経外科で診察を受けるようにしましょう。

片頭痛の前兆が起きない人

片頭痛の前に起きる前兆は明らかに『身体の異変』です。これが必ず起きるわけではないのですが、時には何となく調子が悪いと感じる事もあります。

気分がすぐれない、眠気やイライラがある、甘いものがいつもより食べたくなったり、身体が重いなどです。頭痛は血行の悪さからも起こるので、運動不足や疲労、ストレスが溜まると起きやすくなります。

片頭痛の症状を出さない為にも、日頃の生活習慣を見直しておくのも大切です。

まとめ

とにかく片頭痛の症状は、頭痛の中でも痛みが激しく耐えがたいもの。繰り返す人の中には『頭ごと取りかえたい』と思うくらいに辛く苦しい時間を過ごさなくてはいけません。

片頭痛だけでなく、緊張性頭痛も併発するようになるといてもたってもいられなくなります。『強い痛み』『血管がドクドクする』を目安に自分の頭痛がなぜ起きているかを把握しておきましょう。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.