健康

インフルエンザの症状と予防接種!早めの予防はできるの?

投稿日:

体調不良の女性

インフルエンザの最も効果的な予防法は、流行する前に予防接種のワクチンを受けることです。

予防接種の費用は、1回3,000円から5,000円ほどが目安ですが、国民健康保険証を持参して行きましょう。

病院や厚生労働省のホームページから、予防接種を受ける時期や場所、費用などを確認することができます。

インフルエンザの予防接種

厚生労働省が毎年、流行するウイルスを予測して、予防接種のインフルエンザワクチンを決定しています。

インフルエンザの予防接種を受ける前に、病院や厚生労働省のホームページから、場所や時期、時間などを確認してから行きましょう。

予防接種を受ける費用は、1回3,000円から5,000円程度が必要ですが、国民健康保険証を使うことができます。予防接種はインフルエンザの種類によって、受ける時期や年齢が決まっています。

 

インフルエンザの接種量は、年齢に応じて異なり、ワクチンの種類によっては数回注射を受ける必要があります。

インフルエンザの種類は毎年のように性質が変わるので、以前に予防接種を受けていても、感染することがあります。

予防接種には定期接種のA類疾病とB類疾病の種類がありますが、インフルエンザの予防接種は、B類疾病に分類されます。

インフルエンザの症状

インフルエンザは、ウイルスの感染によって起こる流行性の呼吸器感染症です。インフルエンザのウイルスは、話をしたり咳やくしゃみなど、人から人へ感染します。

症状は毎年のように異なりますが、発熱や頭痛の症状が出ることがほとんどで、一般的には、腰痛、筋肉痛、関節痛、全身倦怠などの症状を伴ないます。

最初の3日間ほどで、体温が38度から39度やそれ以上に発熱することがおおくあります。

 

その後、鼻水、咽頭痛、咳などの呼吸器関係の症状が現れ始めます。インフルエンザの症状が出ると、回復するまでに1週間ほどかかり、十分な休養が必要です。

1週間ほど経つと、肺炎、気管支炎、脳症、ライ症候群、心筋炎、中耳炎などの合併症が現れることがあります。

高齢者の方や呼吸器・心臓などに疾患を持つ方の場合、症状が重くなったり、生命の危険に至ることがありますから、十分な休養が必要です。

インフルエンザに感染したら

インフルエンザに感染したら、早めに医療機関で診察を受けましょう。病院で点滴をしてもらい、抗インフルエンザ薬を処方してもらうと回復が早くなります。

感染してから2日以内に、薬を処方すると発熱期間を短くすることができます。インフルエンザになったら、数日間はとにかく休んで、十分な睡眠をとる必要があります。

脱水症状になることが多いので、水やお茶、温かいスープなど、十分に水分を補給するようにしましょう。

 

インフルエンザは、高熱や鼻水、のどの痛みなどの症状を伴うことが多くあります。高熱には解熱薬、鼻水には抗ヒスタミン薬、のどの痛みにはうがい薬、咳には咳止め薬が有効です。

室内は加湿器などで湿度を保つようにすると、ウイルスの感染を抑えることができます。

インフルエンザになると、周りの人にも感染してしまうので、人の多い場所に出かけるのはやめましょう。

学校や仕事がどうしても休めない場合には、必ずマスクをすることで感染を最小限に抑えることができます。

熱が下がっても体はまだ十分に回復していませんし、周りにも感染するので、数日はゆっくり休むように心がけましょう。

まとめ

インフルエンザに感染する前に、予防接種を受けるなどして、事前に予防するようにしましょう。

インフルエンザに感染してしまったら、すぐに医療機関に行き点滴をしてもらうと回復を早めることができます。

回復には1週間ほど必要ですから、安静にしてしっかり休むようにしましょう。

-健康

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.