美容

ニキビ改善にはストレス解消より規則正しい生活が効果的!

更新日:

ニキビが気になる女性

若い時に誰しもが悩むであろうにきび。しかし、ニキビについて詳しく知っている人は意外と少ないと思います。そこで今日はニキビについて詳しく知ってもらえたらと思います。

ニキビの改善の前に、ニキビの正体は何でしょうか?

ニキビは若い時に顔にできる赤いブツブツだという認識が一般的なようです。

おしりのニキビ、胸のニキビという表現をする人もいますが、顔にできる炎症のことをニキビというのが正しいようです。

吹き出物の一種なのですが、吹き出物が年齢にかかわらず、また、体のどの場所にできているかにもかかわらず吹き出物、と呼ばれるのに対し、ニキビは「若い時に」「顔に」出来るものをニキビと呼ぶことが多くの人の共通の認識かと思います。

 

その正体はずばり、脂分と汗とホルモンのバランスが原因によって起こる、皮膚の炎症です。

人間のお肌は脂を中心とする老廃物を外へ出す機能を持っています。汗をかくと、毛穴から汗水とともに、そうした老廃物が出ていくようになっているのです。そうして、体の悪い物を外に出していくことで、体の酸化つまり老化をある程度防いでいる効果があるのです。

 

しかし、そうした皮脂を好む生き物がいます。アクネ菌という最近です。アクネ菌にとって、皮脂はごちそうなんです。

皮膚のよぶんな脂分をうまく外に出せる人はいいのですが、外に上手く出せない人、つまりターンオーバーしづらい体質の人は皮膚にたくさんの皮脂が残ってしまいます。

特に若いうちはたくさん食べて、たくさん老廃物を外に出すので、皮脂が皮膚の上にとどまりやすいです。これらの皮脂をごちそうとしてアクネ菌はいっきにどんどん増殖していきます。

その結果、アクネ菌が分泌する成分でお肌に炎症が起きてしまうのがニキビなんです。ニキビが若い人に多いのは、若い人のほうが脂も多くて基礎代謝が高いからというのもあるんですね。

 

ニキビの原因は、ストレスって本当?

ストレスがたまるとニキビが増えるという人がいます。はたして本当にそうでしょうか。

答えは「イエス」です。

ストレスといってもいろいろあります。学校で友達との関係がぎくしゃくしていてストレスになったりですとか、職場の上司に理不尽な事を言われてむしゃくしゃしたりですとか、そういったような精神的ストレスもありますが、肉体的なストレスも実はニキビにとって大敵なんです。

 

寝不足になるとお肌の調子が悪くなりますよね。化粧のノリも悪くなって、何一ついいことがありませんが、このような寝不足も「肉体的ストレス」の一つです。

食事の時間が不規則であったりとか、食事の栄養バランスが悪くて野菜が摂れずにビタミン類不足になりがちであったりとかというのもストレスの一種なんです。

 

本人が気にしていないならばストレスではないんじゃないの?と思われがちですが、本人が気にしなくても体にとって良くないこと、つまり不健康なことは肉体にとって既にストレスなんですね。

そうした肉体への負担は代謝を悪くしてしまうため、どんどん皮膚に皮脂が貯まってアクネ菌がますます増殖してしまいます。すると肌の炎症となる成分もたくさん分泌されるので、ニキビがひどくなるというからくりです。

 

ニキビを改善するにはストレス解消より規則正しい生活

ニキビを改善するには、健康な生活が一番です。

朝きちんと食事を摂ること、一日三食を規則正しい時間に食べること、なるべく野菜などのビタミン類を多く摂取すること。お野菜が苦手な方や、料理をあまりしたくない方には、フルーツでビタミン類を摂ることをオススメします。

そして睡眠をきちんと摂ること。一日6時間未満の睡眠はお肌によくないです。このような食生活と睡眠をきちんとすることが、ニキビ治療の第一歩なのです。

 

皮膚科に行くのも、薬や洗顔に頼るのももちろん効果がありますが、根本的にまず生活から改めてみてはいかがでしょうか。

薬やサプリメントに頼らないのでお金をかけなくても出来ますし、それに健康的な睡眠の確保と食生活の維持というのは、ニキビに限らず、他の美容面でもムクミの解消や冷え症の軽減など、たくさんいいことがあります。

 

まとめ

ニキビは、皮脂を好むアクネ菌が分泌する成分によっておこる皮膚の炎症です。そのため、皮脂が過剰に表皮にとどまるのを防ぐためにも、規則正しい生活をしましょう。

-美容
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.