健康

肩がこると歯痛になる?首と顎の関係とは?心筋梗塞でも歯痛?

更新日:

middle-aged woman-06

肩こりが酷いと、歯の奥がジンジンしたり、虫歯があると肩こりが強くなると訴える人もいます。肩こりは首が前傾し、体幹がずれる事により起こりやすくなります。

真っ直ぐなものが斜めになれば、不安定になりますし況してや重い頭が前傾すれば首や肩は緊張します。それで『どうして歯痛まで起きるのか』疑問にも感じるもの。今回は肩こりと歯の関係について解説しましょう。

首と顎の関係が歯痛へと繋がります

横から見ると真っ直ぐな私達の身体ですが、首は重い頭を支えるために、緩いカーブを描いています。姿勢の乱れから首が前傾してしまい、体幹からずれてしまうと首や肩の筋肉は緊張します。

首と顎は、1つの筋肉で繋がっており下顎は首の筋肉と関係が深く関わっています。首が前に倒れると、下顎は後ろに引っ張られるので歯の噛み合わせがずれてしまうのです。なんとなく歯がういたように感じたり、ぼんやりと痛いと感じるのです。

顎のズレが肩こりに?

慢性的な肩こりの人が歯痛を起こすことは少ないのですが、肩こりが辛いと奥歯を知らずに噛み締めてしまいズレを起こしやすくなります。

特に歯に問題がない人が肩こりと歯痛を同時に感じるのは、首が前傾する事により噛み合わせがズレてしまうからです。これが筋肉を緊張させてしまい、同時に症状が表れてしまうのです。

歯痛?顎の痛みは顎関節症

首や肩が辛い、顎の下から首がバリバリしている。口を開けると『コキン』と音がなる顎関節症は女性に急増する症状です。軽いものから、頭痛やめまい、吐き気や肩こりを併発し日常生活が送れない人もいます。

この顎関節症は姿勢や、噛み合わせ、歯ぎしりやストレス、頬杖などの生活習慣から起こります。

最近の食生活は柔らかいものが多くの、咀嚼する力が弱っています。顎にも筋肉があり首と繋がっています。顎を使わない事で筋肉が弱り疲れてしまうために起きてしまうのです。この衰えが、首の筋肉と連動し肩こりや歯痛を起こしてしまいます。

顎関節症は歯科での矯正や、自力での矯正等で治すことはできます。顎関節を矯正すると、肩こりも歯痛もスッキリする人が多く、顎と肩こりが深く関係している事が分かります。

顔と肩こりの関係

口を開けると、首の筋肉も動くのが分かります。顔にはたくさんの神経があり、疲れてしまうと肩こりにも繋がりやすくなります。

パソコンでは肩こりだけでなく、眼精疲労も起きますが、これが首や肩の神経や筋肉を緊張させてしまい肩こりと歯科を同時に起こしてしまう事もあるのです。

心筋梗塞でも歯痛が起きる?

心筋梗塞の前兆には、肩こりや左腕のダルさがありますが歯痛も心筋梗塞の前兆と言われています。心筋梗塞は、冠動脈に血液が流れずに詰まることで起きます。

脊髄から脳に繋がる痛みを司る神経がありますが、複雑な神経組織が脳の混乱を招いてしまい『心臓以外』に痛みを感じてしまうのです。心臓の神経系が肩や首、顎から歯の神経に影響を与えるので、心臓疾患で肩こりや歯痛が起こりやすいのです。

煙草や飲酒は血管を脆くしてしまい血液をドロドロにしてしまいます。心臓にもよくありませんし、肩こりも酷くなります。

まとめ

肩こりや歯痛が同時に起こるなら、一度歯科医院で噛み合わせや虫歯をチェックしましょう。虫歯治療をしている人は、定期的な検診をするなど日頃からのケアが必要です。

また、姿勢からくる顎の噛み合わせは、自分自身が日常的に意識をしなくてはいけません。歯痛が先か、肩こりが先かはどちらも原因は同じです。生活習慣をしっかりと見直しながら、肩こりを改善していけば歯痛も起こらなくなります。

-健康
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.