シミ

シミ(肝斑)が顔にできたら要注意!私の失敗談!

投稿日:

20代の頃はトラブル知らずの肌で、自分は肌が強い方だと思っていました。
なので紫外線対策も疎かにしていた部分が正直あります。

30代に入って前半くらいの頃にあれ?と思ううっすらとした茶色いものがこめかみから頬骨のあたりに見え出しました。
それでもファンデで隠れるくらいの薄さだったし、30歳にもなればこのくらいのトラブルはあるよねと軽く考えていました。
思えばこの20代から30代前半にかけてもっとちゃんとシミに対して対策をとっていれば今後悔せずに済んだのかもしれません。

ここでは私の失敗談を例に挙げてお話しますので、皆さんはこれを反面教師に是非若いうちからシミ対策についてもきちんと考えてもらいたいと思います。

 

シミ対策は慎重に

30代後半になると頬骨のあたりに一気に茶色い点々としたシミが目立つようになってきました。
それに併せてこめかみのシミも何となく広がってきた感じがするようになりました。
そこでようやく焦り始めた私は、しみ対策としてまず美白化粧品とピーリングを行いました。
使用したのは、ハイドロキノンという成分が配合されている化粧品です。

1度できてしまったシミというのはなかなか消す事はできないと言われているようですが、ハイドロキノンならできてしまったシミにも効果が期待できるという事で使ってみました。

 

効果的には、正直言って私の肌には会わなかったみたいで赤み、腫れ、かゆみなどのトラブルが起きてしまいました。
後から皮膚科の先生に聞いて知ったのですが、ハイドロキノンは「肌の漂白剤」と呼ばれるくらいに作用の強い成分なので使用する前にはパッチテストなどをちゃんと行ってから正しい用量を使用する事が大切なんだそうです。

私はとにかく早くシミを無くしたいという一心から普通の化粧水と同じ感覚で大量に使用してしまっていたので、これが間違いの元だったようです。
また、酷い人になると「白斑(はくはん)」と言って肌の色が白く抜け落ちてしまう症状が出てしまう人もいるようなので、皆さんもハイドロキノンを使用する際にはよく気をつけて使用するようにして下さい。

 

自分のシミの種類を知ろう

私の場合、肌トラブルが起きてしまったのですが、これが不幸中の幸いでした。
この事で皮膚科に行った事で、私の顔にできているシミは「肝斑(かんぱん)」というシミで、女性ホルモンの乱れなどの内的な要因が影響してできているシミだという事が分かりました。

もちろん外的なケアや紫外線対策も必要ですが、肝斑の場合は可能な限り内服薬やサプリメントなどを利用して体の内側からケアしてあげる事が改善の近道だと言われました。

そこで皮膚科で処方してもらったのが「トラネキム酸」とビタミンCの内服薬です。
ただし、私の場合は、肌トラブルもおきていてシミもかなり進行してしまった状態だったので、改善までにはかなりの時間がかかるでしょうとの事でした。

恥ずかしい話、シミに種類があるなんて知らなかったですし、それぞれでケアの方法が違うというのも初耳でした。もっと早く自分のシミが肝斑だと分かっていれば、内服薬やサプリメントなどでケアできたので、シミの進行も遅らせる事ができたかもしれないし、肌トラブルを起こす事もなかったのかな~と思うと少し後悔の気持ちが出てきます。

皆さんも自分の顔にできているシミが一体何が原因でどういった種類のシミなのかという事をきちんと理解した上で適切なケアを行う事をお薦めします。

 

40歳からの肝斑ケア

40代に突入した今もシミは劇的に減ったとまではいきませんが、それでも皮膚科で処方してもらった内服薬と日頃の紫外線対策のお陰か、新しいシミができたりシミの範囲が広がるのだけは抑える事ができているように感じています。

シミなんて自分とは無縁のように感じている人も多いかもしれませんが、今は見えていないだけでシミができる原因というのは日々皮膚の内側に蓄積されています。
それが年齢を重ねる事で徐々に目にみえる形で現れるのだと思うと少し怖い気もしますね。

 

まとめ

私の場合は、まずシミというものについて無知過ぎたという事を反省しています。
若さにかまけて紫外線対策も怠っていたし、自分の肌を過信し過ぎていたなと今頃になって反省しています。
シミはできてからではケアが遅いくらいだとも言われています。

見えていないうちからきちんとした美白ケア、紫外線対策をしておく事で年齢に負けないシミのないキレイな肌を保つ事ができるのだと思います。
私はこうしたケアを怠った事で、今になって苦労していますがまだ諦めたわけではなく、これからきちんとケアしてこれ以上年齢に負けない肌を目指していきたいと思っています。

私の体験が皆さんのキレイのための一端になれば嬉しく思います。

 

-シミ

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.