水疱瘡

【体験談】子どもが水疱瘡!お茶が飲みづらい!感染源は児童館?

投稿日:

私は、専業主婦をしている34歳・女です。

息子が2歳の時に水疱瘡に罹った体験談です。息子が水疱瘡に罹ったのは、梅雨が開けてそろそろビニールプールでも出そうかと思っていた7月の下旬でした。

昨年の水着はまだ履けるかと息子に試しているときに気がつきました。

スポンサーリンク

息子の症状は発疹だけで、水疱瘡ではかなり軽症

裸になった息子の肩を見ると、赤い発疹が数個ありました。その頃、よく蚊に刺されることもありましたが、それとは一目見て違う発疹でした。もっと赤みが強く、硬そうな膨れ上がり方をしていました。

息子の様子を見ると、特に痒がる様子もなくいつもの元気な状態でした。少し気になったので、インターネットでこの発疹は何か似たような画像を検索してみました。すると、どうやら水疱瘡が一番近そうな発疹でした。

私が想像していた水疱瘡は、もっと全身に発疹が広がるものと思っていたので拍子ぬけしてしまいました。私が、帯状疱疹になったときは起きれないほどの症状だったものでなおさらでした。

熱を測ってみても、微熱とも呼べないような温度でした。発疹の跡が残るのもかわいそうなので、小児科に連れて行きました。受付を済ますと、待合室ではない部屋に隔離されました。発疹を診てもらい、やはり診断は水疱瘡となりました。

 

お薬が飲みづらくて心配

小児科で、息子はまだ発疹が増える可能性もあるとのことでした。まだ、初期段階なので飲み薬と塗り薬の2種類を処方されました。飲み薬は、ゾビラックスというお薬で粉状でした。

味が美味しくないのか、息子は思うように飲んでくれませんでした。しかも、一日4回(朝・昼・夕・寝る前)という、親にも子供にもつらい設定でした。飲みやすいようにとアイスに混ぜたりしましたが、息子はそれでも嫌がって1回量の全てを飲めたという事はありませんでした。

その分、塗り薬はしっかり塗ってやりました。塗り薬は、カチリというものが処方されました。発疹の数も範囲も少なかったので、これはしっかりできました。翌日、クビに2個発疹が増えましたが、それ以降は発疹は増えることはありませんでした。

今まであった発疹は、だんだんとかさぶたのようになり勝手に剥がれました。2週間後くらいには、肌はもとの状態に戻っていました。飲み薬は5日分処方されていたので、取りあえず飲みきりました。

スポンサーリンク

感染源は、子供の多く集まる場所

息子も治って、久しぶりに近所の児童館に遊びに行くと、仲の良いお友達はほとんど水疱瘡に感染していました。水疱瘡の感染力はものすごく強いとは聞いていたので、やはりここが感染源かと思いました。

息子には、2歳年上の姉がいますがこちらには感染しませんでした。姉はすでに、数年前に予防接種済みでした。予防接種の際に、打ってもかかる子供はいると聞いていたので覚悟はしていました。

息子が感染中は、姉と息子がなるべく触れ合わないように注意していました。お風呂も、姉は湯船で息子はシャワーのみとしていました。私も専業主婦なので、子供に集中する時間だけはあったので、よく見守ることができました。

息子はほかの予防接種の時期と重なってしまい、受けていませんでした。予防接種の種類が多いので、後回しになってしまい本当に重症化しなくて良かったと感じました。

 

まとめ

私も同じウイルスの口唇ヘルペスによくかかるので、息子もこの先そういう症状がでたりするのかなと考えてしまいます。その点を、小児科に確認することを忘れていたので、次回罹った時に聞いてみようと思います。

今回のことで、これから集団生活に入って行く息子は、もっといろいろな病気をもらってくることと思います。今まで以上に、息子の状態をよく見てあげなければいけないなと思うようになりました。

-水疱瘡

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.