いびき

パートナーのいびきがうるさくて寝れない時に試したい3つの技

投稿日:

幸せな家庭を想像して結婚したのに、こんなはずじゃなかった・・と結婚生活の現実を目の当たりにして嘆いている人も少なくないはずです。
仮に関係性が良好であっても、パートナーのこれだけは改善してほしいと切望するポイントがあるはずです。
いびきがそのひとつではないでしょうか?
男性によく見られるいびきですが、ひどい人ともなると、周囲の睡眠を妨害し、周りが不眠症になってしまうほどの問題になる事もあるので、かなり大きな問題になってきます。
今回はパートナーのいびきがうるさくて寝れない時の対処法についてお話ししていこうと思います。
意外にも結構簡単な方法で止める事が出来るかもしれません。
理想としては、自分が快眠できるだけでなく、いびきをかいているパートナーにも気持ちよく眠ってほしいですから、いびきそのものを抑える方法をシェアしていこうと思います。

気道を広げる方法でいびきを抑える

 いびきをかいているパートナーを横向きに寝かせてみましょう。
そうすると気道が広がり、結果としていびきが小さくなります。いびきというのはそもそも、気道がせばまる事で、のどの中で発生する振動音なので、気道を広げてしまえばいびきの音も抑える事が出来ます。
これは長期的な改善策になりますが、痩せる事でもいびきをおさえられるようになります。
太る事で、のどに脂肪がついてしまい、結果として気道がせまくなりいびきが起こるという悪循環を作ってしまうので、肥満にも注意しておきましょう。
肥満はあらゆる病気の引き金となるので、いびき改善をきっかけに痩せてみるのも良いチャンスかもしれません。

逆さに眠る

 いびきが慢性化している人は国内だけでも2000万人を超えるようです。
いびきが原因で離婚にまで発展するケースもあるようです。これは大きな問題ですね。
盲点というのか、意外に気づかない人も多いのですが、いびきが発生する口から自分の耳を遠ざければ当然いびきの音は軽減されます。足の臭いがキツイ旦那さんとかだと、最悪ですけどね(苦笑)

耳栓を使用する

いびきによる不眠の対策として、非常に原始的な方法ではありますが、意外に効果があるのが耳栓です。寝室で寝ている側としては、いびきをかかれるとたまになら笑ってスルーできるかもしれませんが、毎日の事となるとイライラで頭が爆発しそうになるでしょう。
耳栓を使っていびきの騒音を遮断する事で、かなり快適に睡眠がとれるようになります。
慣れるまでは入眠しずらいかもしれませんが、数日使っていれば違和感を感じなくなり快眠出来るようになります
耳栓もいろいろなものが出ているので、自分の耳の形にあったものを選ぶようにすると良いです。
耳栓を選ぶ際は、使い捨てを選ぶか、使用後きれいに清掃するよう心がけましょう。
衛生面のケアをおこたると、そこから細菌が入り、炎症を起こしたりする事もありますから注意が必要です。

鼻ピースを使用する

いびきを周囲から指摘された人は、気を使う人は気になって逆に人前で寝れないという人もいるでしょう。
そのような人のために鼻ピースと呼ばれる上下の奥歯に装着し、口呼吸を鼻呼吸に変換する事でいびきのもとを根っこから取り除くというものです。
自宅だけでなく、外出先でも使用可能なので、大変重宝すると思います。
余談ですが、いびきのひどい人は、歯ぎしりもキツイ場合がよくあります。
鼻ピースと一緒に、マウスピースも併用すれば、どちらも抑えられ周囲に迷惑がかかりません。

まとめ

パートナーのいびきから自分の睡眠をまもる代表的な方法を4つご紹介させていただきました。
1:気道を広げる(体を横にして眠らせる事と、体重を落としてのどについた脂肪を減らす事でいびきは抑えられます)
2:逆さに眠る(いびきが出る口から自分の耳との距離を離す)
3:耳栓を使用する(自分の耳にあった遮音性にすぐれたものを衛生的に使用する)
4:鼻ピースを使用する(鼻ピースで呼吸を口呼吸から鼻呼吸に切り替える事でいびきを根絶する。歯ぎしりもある人はマウスピースも併用すると尚良い)
この4点をまずは試してみると良いでしょう。どれもすぐに出来る事なので、すぐに効果はあらわれると思います。ぜひお試しください。

 

-いびき

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.