いびき

赤ちゃんのいびきに要注意!扁桃腺またはアデノイド肥大かも

投稿日:

いびきっておじさんや、男性特有のものだと誤解している人もいると思いますが、女性でも普通にいびきはかきますし、赤ちゃんもいびきをかきます。

これは少し意外だった人もいると思いますが、赤ちゃんのいびきは大人のものとは理由が異なります。今回は赤ちゃんが起こすいびきについて深く掘り下げていきたいと思います。

赤ちゃんのいびきは特に注意が必要

子供でもいびきはかきますが、赤ちゃんまたは幼児期の子供のいびきは要注意です。

いびきが生じる流れは、大人でも赤ちゃんでも同じで、気道が圧迫され狭まり、いびきが起きるのですが、大人とは違い、まだまだ成長過程の段かいである赤ちゃんの場合は、体の構造も大きく変化していくものなので、成長するにつれて自然に治っていく子もいます。

赤ちゃんのいびきの原因は、扁桃腺またはアデノイドの肥大が原因と言われています。
また、赤ちゃんはあごの形状から口呼吸が難しく、鼻呼吸中心の呼吸をするので、鼻から菌が入り込み、アレルギー性鼻炎のような鼻に異常が出ていびきが生じるケースもあります。

基本的に、いびきというのは、口呼吸によって起こります。
鼻炎により鼻づまりなどが起こり、鼻呼吸が困難になると、口呼吸に切り替え、酸素を体内に取り入れようとします。扁桃腺肥大などが重なると、結果としてそれがいびきにつながります。

幼児や赤ちゃんの場合は、アレルギーや炎症に対してまだ免疫が出来てないため、最悪のケースも起こりえます。おかしいなと思ったら、すぐに病院での診察を受け、医師の指示に従って治療していきましょう。

赤ちゃんのいびきの抑え方

赤ちゃんの場合は、大人と違って、まだ体が発達しておらず、下手ないびき防止グッズを使うよりも、気道を広げてあげる事に留意し寝かしてあげると良いと思います。
体を横にしてあげたり、頭を気道が圧迫されない程度の高さに上げてあげたりすると、いびきが静かになる場合もあります。

危険ないびきの特徴

いびきを豪快に熟睡していると思い込んでいる人がいますが、それは大きな間違いです。
いびきは、睡眠状態が浅く疲労がたまりやすい睡眠状態であり、翌日にも疲れが残ったりする事もあります。

赤ちゃん自身が、自分のいびきで起きてしまうような状態にあるのであれば、寝にくいまたは睡眠が上手におこえていないという事なので、気を付けてみておきましょう。
また、呼吸が苦しそうだったりする場合は、すぐに病院に連れて行きましょう。
赤ちゃんの主ないびきの原因は扁桃腺やアデノイドの肥大により起こります。

通常10歳前後には治ると言われていますが、体の成長と共に自然に治ると言われています。
アレルギー性の鼻炎などの場合は、すぐに病院を受診してください。耳鼻咽喉科で対応してくれるはずです。

ストレスから起こるいびきについて

赤ちゃんはストレスを感じやすいものです。
お母さんのおなかの中で暮らしていたのに、ある日突然外界に出てきて、ガラッと環境が変わるわけですから、わたしたち大人でも、同じ体験をしたらかなりのストレスを感じると思います。

赤ちゃんにストレスを感じさせないようにするには、母体の中の状態と同じような環境を作ってあげる事に気を付ける事です。
ゆらゆらと揺れるベビーベッドや、お母さんの心臓の音などを聞かせてあげると、とても安心します。
ストレスからいびきが起きる事はあります。
大人と同様に、赤ちゃんも可能性としては考えられます。
いびきは心身の異常から来る信号だと解釈し、心地よい睡眠環境を整えてあげましょう。

無呼吸から酸欠やチアノーゼなどに発展しないためにも、赤ちゃんのいびきは注意してみておく必要があると思います。

まとめ

あまり知られていませんが、赤ちゃんのいびきは注意が必要です。
扁桃腺またはアデノイド肥大か、それかアレルギー性鼻炎が原因で起こります。早めに耳鼻咽喉科を受診し、医師の指示に従いましょう。

一時的にいびきをおさえたいのであれば、いびき防止グッズなどを使うよりも横向きに寝かしたり、頭の位置を調節したりして気道を広げます。
また、赤ちゃんがストレスを感じないような環境づくりもストレス性のいびきを軽減する方法です。

-いびき

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.