美容

脇汗が多いのはワキガ?多汗症?汗っかき?見分け方とは?

投稿日:

汗をかいた女性

脇汗は誰もがかいてしまうものですが、特に夏場など、服についてしまった汗ジミや臭いなどは他人も教えづらく、当人は最後まで気付かないといった悲しい結末を迎えることもあります。

この脇汗ですが、ただの汗ばかりではなく、ワキガや多汗症といった症状もあります。

こうした症状はどんな特徴や原因があって、どう対処していけばよいのでしょうか?

 

脇汗が多いとワキガ?特徴と対策は?予防法は?

鼻を押さえる女の子

まずワキガですが、ワキガの最も大きな特徴は臭いです。

ワキガの臭いは独特のものであり、その臭いが発生してしまっている状態・症状のことをワキガといいます。

このワキガ臭というのは汗の多い少ないは関係がありません。汗をかいていなくてもワキガ臭は発生するからです。

 

人間の皮膚は表皮、真皮、脂肪層の3層構造に分かれているのですが、この皮膚には「アポクリン腺」と「エクリン腺」という2種類の汗腺があります。この「アポクリン腺」がワキガの原因になっているのです。

アポクリン腺から発生する物質と、皮膚に存在する菌が汗に含まれている臭いのもとになる成分を分解することによって独特の臭いを生み出し、ワキガになるのです。

 

ワキガの対策はまず、市販の制汗剤でも行なえます。程度がわりと軽めのワキガ臭であれば、こうした制汗剤でも十分に消すことができます。

また、ワキガは日頃から清潔にしたり、動物性たんぱく質や脂質の多い食事を抑えることでも予防ができます。

 

脇汗が多いと多汗症?特徴と対策は?予防法は?

汗をかいたサラリーマン

多汗症のポイントはその名の通り、汗の量ということになります。

脇の多汗症は、尋常ではない量の汗が脇から出る状態のことを指しますが、ワキガとは違い、臭いとはまったく関係がありません。

 

多汗症は前述の「エクリン腺」が原因となります。人間が普段流している汗というのはこのエクリン腺が分泌しています。

エクリン腺が発達しすぎてしまったり、精神的な緊張が原因でエクリン腺に影響すると、汗が止まらなくなってしまうのです。これが脇汗の多汗症を引き起こしてしまうのです。

 

脇の多汗症は体質や遺伝によって起こるものと、緊張によって一時的に発生する2種類があります。生活環境が変わったときなどは、この脇の多汗症を引き起こしやすいため慌てることなく、様子を見ることも大切です。

しかし、どうしても治らない場合は自分だけで判断して市販の薬を買うといったことはせず、心療内科や神経科、精神科などを受診し、精神安定剤を服用することも対策です。

 

脇汗が多いけど単なる汗っかき?特徴と対策は?予防法は?

体重管理

多汗症の項目で前述したとおり、脇の多汗症や腋窩多汗症というのは尋常ではない汗が脇から出る人のことを指します。

この「尋常ではない」量の程度というのが難しく、多汗症と汗っかきは紙一重なのです。

 

しかし、汗っかきの特徴として夏が特に辛いことが挙げられ、運動や体を動かしたときにその症状はよく見られます。また、局所的ではなく、全身からまんべんなく汗が出ることも特徴として挙げられます。

 

この汗っかきの原因として、代謝がよいといったことが考えられます。代謝が良いと体の温度が上がりやすいため、汗をかきやすいのです。

代謝がよいのは一般的にやせ型なので、汗っかきはやせ型と判断してしまいそうですが、逆に肥満や運動不足が汗っかきを引き起こしてしまうこともあります。

運動不足などが原因で体に脂肪をつけすぎてしまうと、体内に熱がこもってしまい、体外へ逃がさないといけないことから汗をかかざるを得ないのです。

 

こうした汗っかきの対策としては食生活の見直しや水分量の過剰摂取を抑えることがおススメです。

 

脇汗が多いのはワキガ?多汗症?汗っかき?見分け方は?

分かれ道

ワキガ vs 多汗症

まず、ワキガと多汗症の見分け方ですが、汗が尋常ではないくらいに出ている場合は多汗症であり、臭いが独特できつければワキガということになります。

ただし、このワキガと多汗症は併発してしまうこともあるため、ワキガだから多汗症ではないとか、多汗症だからワキガではないといったことではありません。

ワキガ vs 汗っかき

また、ワキガと汗臭いも判断に迷う方もいらっしゃいますが、雑巾やかび臭い臭い、それから酸っぱいような臭いはワキガ臭ではなく、汗臭いといわれる症状の部類に含まれます。

ワキガ臭の場合、その臭いは独特できついため、多汗症の汗臭さとは全く異なります。

多汗症 vs 汗っかき

次に多汗症と汗っかきの見分け方ですが、発生季節が関係なく、いつでも汗を多くかいてしまうのが多汗症ですが、汗っかきは夏に多く見られるといった違いがあります。

また、運動や体を動かしているときに汗をかくのは汗っかきですが、多汗症の場合は特に何をしていなくても、大量の汗が出てしまいます。

そして、その汗のかき方ですが、局所的な多汗症に比べ、全身汗をかくのが汗っかきの特徴です。

 

まとめ

このように、脇汗が多いといってもそれぞれ原因や症状は異なります。

ワキガと多汗症、汗っかきとでは、前述どおりまったく違うものであるため、その対策も異なってきます。それぞれの症状を混同してしまうと対処の方法を間違ってしまい、余計に悪化させることにもつながりかねません。

単なる脇の汗と捉えるのではなく、それがワキガなのか、多汗症なのか、汗っかきなのかをきちんと把握し、正しい予防や対策を心がけていきましょう。

-美容
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.