ワセリン

ワセリンの副作用は?石油が原料?安全に使う方法をチェック

投稿日:

ワセリンには副作用があるのでしょうか?

石油が原料だと聞いて驚いた方もいるでしょう。「本当に安全なの?」と不安になる方もいるはずです。まずはワセリンの安全性をはじめ、万が一の副作用や上手に使う方法をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

石油が原料のワセリン

実はワセリンの原料は石油です。そのように聞いて安全性に疑問を感じる方はおそらく多いのではないでしょうか。でも大丈夫!その理由は、石油の中からガソリンや灯油などのエネルギー資源を取り出した残り物を使っているため、燃料とはまったく違う物資ができあがります。残った物質をペトロラタムゼリーといい、高精製することで不純物を取り除き安全に使えるワセリンに仕上げることができます。

 

そもそも石油の発祥をたどれば植物や動物が、時間と土のパワーによって変化したものです。植物オイルと同じく自然の中で作られているので安全に使えると言えるでしょう。ワセリンと植物オイルのふたつの違いは、植物オイルは生きたものから抽出されていますが、石油は枯れてしまった動植物が原料で時間の流れの中で変化していったものだという点です。ようするにどちらも原料は自然のものなので安心して使えますよ。

 

副作用はないから安全

石油から作られたワセリンですが、自然のめぐみから作られているうえ高精製されているので安心して使えます。ペトロラタムゼリーを十分に精製しているので不純物はほぼなく、安全でピュアなオイルに仕上がっています。

 

その点植物オイルは個々の草花木の有効成分をそのまま抽出しているため、個々の植物が持ち合わせている美肌作用などが期待できます。その反面、アレルギーや敏感肌の場合は個々の植物の副作用を感じてしまうこともあります。

 

高精製してあるということは不純物が取り除かれますが、同時に有効成分も取り除かれてしまうという欠点があります。しかしデリケートな肌の場合はあらゆる成分に反応してしまうため、ワセリンのように特別な作用がなく、副作用もないものは安心して使えるのが魅力でしょう。

 

またワセリンは浸透しない性質であるため副作用が起こらないとも言えます。いずれにしても安全に使えるのが魅力でしょう。

スポンサーリンク

ワセリンで注意すべきは接触性皮膚炎

不純物が高精製されているワセリンは極めて安全なオイルで副作用もないとされています。しかし白色ワセリン内にごくわずかだけ含まれている不純物によって接触性皮膚炎を引き起こしてしまうおそれもあるので注意しましょう。白色ワセリンは商品によって不純物がごくわずか残ってしまっているものもあります。肌質によっては赤味や刺激を感じてしまうこともあると踏まえておいてください。

 

そうは言っても白色ワセリンは医療レベルで使用されているほど極めて安全なオイルなので安心して使いましょう。もし刺激を感じてしまうならさらに精製を加えたプロペトがおすすめです。赤ちゃんや眼科レベルの治療にも使われるほど安全ですよ。注意すべきは白色ワセリンを精製する前の状態の黄色ワセリンです。多少の不純物が含まれているので様子を見ながら使ってください。

 

その他の副作用

接触性皮膚炎だけでなく、他にも注意しておきたい副作用がワセリンにはあるのでチェックしましょう。まずは不純物による油焼けにも注意です。不純物が含まれているワセリンを塗って紫外線を浴びると色素沈着を起こしてしまいます。現在は不純物の精製技術が上がったために白色ワセリン以上の商品であれば、油焼けの心配はまずありません。ただ黄色ワセリンを使用する場合は注意しましょう。

 

通常ワセリンが角質層内に浸透することはありませんが、万が一何らかの理由で溶け込んでしまうことも考えられます。普通に使うぶんには特別な作用は及ぼさないものの、層内に浸透するとセラミドや天然保湿因子などのうるおい成分の働きを妨げてしまうおそれもあるので、絶対に副作用がないとは言い切れないのが現実です。

 

まとめ

  • 石油が原料のワセリンだが石油は天然の原料から作られている
  • ワセリンは高精製されているから作用・副作用ともになし
  • 接触性皮膚炎・油焼け…など万が一の副作用を心得て使おう

ワセリンは極めて安全なので副作用の心配はありません。ただ肌質や商品ごとの不純物の状態によっては副作用が出てしまうことも考えられます。いずれにしても様子を見ながら使うのが安全に使うためにはかかせません。また白色ワセリンで副作用を感じたらプロペト以上の商品を使用しましょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.