ペット

柴犬が甘噛みを止めない時の対処法は?いつまでにしつけ?

投稿日:

柴犬

柴犬は子犬だろうと成犬だろうと物を噛むのが大好きで
「噛み癖」を持っている場合が多いです。

もちろんこの噛み癖はしつけで直せるのですが、
しつけを失敗すると甘噛みが本気噛みになったりして
手が付けられなくなることもあります。

柴犬を育てる場合、甘噛みのしつけは避けて通れません。
どの柴犬の子犬も必ずと言っていいほど通る道です。

なぜ、柴犬は甘噛みをするのでしょうか?
まずは柴犬が甘噛みをする理由を説明してから
しつけ方法などを紹介したいと思います。

柴犬が甘噛みをする理由って?

柴犬が甘噛みをする理由は大きく分けて2つあります。

自分の身を守るために攻撃してしまう場合
そしてもう1つは構ってもらうために
わざと甘噛みをして飼い主の気を引こうとする場合です。

柴犬は警戒心が強い犬種のため、
ちょっとした物音でもすぐに恐怖心を抱いてしまいます。
特に子犬の時はその傾向がとても強いです。

一方、飼い主の気を引こうとして
甘噛みするのは柴犬の成犬に多い症状です。

「遊んでほしいのに相手をしてくれないからつまらない」
「もっと自分を見て!」
という感情が込められており、放っておくと
ワガママな性格に育ってしまいます。

どちらの場合もキチンとしたしつけを行えば収まる症状ですので
早い内に対処しましょう。

柴犬が甘噛みを止めたい時の対処法

柴犬の甘噛みを止めさせたいのなら地道に
しつけを繰り返すしかありません。

柴犬が甘噛みを始めたらマズル(口の部分)を持って
「ダメ!」と大きな声で注意しましょう。
もしくは軽く鼻の上を叩くのも有効です。

この場合一番大切なのは甘噛みをした瞬間、
つまり現行犯で怒ることです。

柴犬が落ち着いた後に「さっきの甘噛みはダメだったよ」と怒っても
柴犬は何故怒られているのか分からず混乱してしまいます。
噛まれた瞬間にその場で注意するクセをつけておいてください。

「痛い痛い痛い!」と演技をして甘噛みを止めさせる人もいますが、
この方法は柴犬に「あ、この人は自分より弱いんだ」という印象を与えます。
主従関係構築の妨げとなるので痛がるフリをするのは止めておきましょう。

どうしても甘噛みが治まらない時は
しつけ教室に連れて行くのも一つの手です。

柴犬の甘噛みはいつまでにしつけるべき?

柴犬は元を辿れば狼の一種です。
そのため、噛みつくという行為を本能的に覚えています。
甘噛みのしつけを始めるのは、早ければ早いほど良いと言えます。

柴犬の1歳は人間で言うと20歳になった頃です。
一通りの価値観を持ってある程度の性格が固定される頃なので
ここを過ぎるとしつけをするのが一気に難しくなります。

人間が歳を取れば新しい事柄を覚えるのが難しくなりますよね。
それは柴犬も同じです。

柴犬の甘噛みが激しくなるのは生後3ヶ月~6ヶ月辺りからです。
この子犬時代はまだ手加減というものを知らないので
血が出るくらい本気で噛んできます。

やんちゃ盛りで怒っても怒っても繰り返し噛んでくるため
「もう甘噛みのしつけはいいや…」と飼い主が挫けてしまう時期でもあります。

そういう場合はとにかく甘噛みをする度に「ダメ!」と言って
甘噛み=やってはいけないこと、という印象を与えましょう。
そして成功した場合は思いっきり褒めてあげてください。
これをやるかやらないかで成犬になってから大きな差が出ます。

しつけ始める時期の理想は生後3ヶ月からですが、
仮に1歳を過ぎていても時間を掛けて行えば問題ありません。
一番必要なのは飼い主の根気です。

まとめ

甘噛みは柴犬が本能的に行っているものなので
それを行うということは、健康に育っている証拠とも言えます。

しかし、だからと言ってしつけをせず放っておくと
ちょっとした拍子に人や他の犬を傷付ける恐れがあります。

やって良いことと悪いことの区別を教えるのも
飼い主の重要な役割です。

甘噛みはしつけで収まる症状です。
根気を持って粘り強く柴犬と接してください。

-ペット
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.