歯ぎしり

あなたは歯ぎしりしている?歯ぎしりのチェック項目7個!

投稿日:

歯ぎしりをしている人の中には、自分自身が歯ぎしりをしているという自覚がない人も多数います。

「家族に聞いて、初めて自分が歯ぎしりしていることを知った」という人は少なくありません。睡眠中の歯ぎしりは無意識に行われているので自覚がないというのも別段不思議ではありません。

では自分が歯ぎしりをしているかどうかをチェックできる方法はないのでしょうか?

歯ぎしりのチェック項目

以下に歯ぎしりのチェック項目を示します。いくつ当てはまるかチェックしてみましょう。

  1. 歯が異常に擦り減っている
  2. 起きた時に口の周りや顎のだるさやこわばり、痛みがある
  3. 起きた時大きく口を開けると顎の引っかかりがある
  4. 意識して強くかみしめると咬筋のでっぱりがみられる
  5. 何かに集中しているときに、歯をかみしめていることがある
  6. 頬の内側や舌に歯形(ギザギザの圧痕)がついている
  7. ひどい肩こりや頭痛持ちである

以上のうち一つでも当てはまった場合には、歯ぎしりをしているかもしれません。当てはまるものが多いほど歯ぎしりをしている可能性は高くなります。

1.歯が異常に擦り減っている

歯ぎしりをすると歯が削れます。歯はとても硬いエナメル質という物質で覆われていますが、強い力で歯ぎしりを繰り返すことにより表面がすり減っていきます。

エナメル質は白っぽい色をしていますが、エナメル質の内側の層は象牙質と言って飴色をしていますので、エナメル質がすり減っている歯の表面は、部分的に茶色っぽく色が濃くなっている場合が多いです。

歯ぎしり以外にも、硬いものを好んで食べていることで歯がすり減っている場合等もあるので一概には言えませんが、激しい摩耗は歯ぎしりをしていることを疑う徴候の一つです。

2.起きた時に口の周りや顎のだるさやこわばり、痛みがある

歯ぎしりをしていると寝ている間に顎の周りの筋肉に強い力が入っているため、起きた時に顎が疲れていることが多いです。

睡眠中に歯ぎしりをしている人は寝ている間中過度な筋トレをしているようなものですので、眠っても疲れがとれないという人も多いです。

3.起きた時大きく口を開けると顎の引っかかりがある

歯ぎしりで強く噛みしめたり、前後左右に無理に歯をこすりあわせるような動きをしていると、あごの関節に負担がかかります。

そうすると口を開けるときにカコッと音がしたり、口が大きく開けられなかったりという症状が出ることがあります。

4.意識して強くかみしめると咬筋のでっぱりがみられる

毎晩力を入れて噛みしめていると、咬筋(エラの部分です)が異常に発達してしまうことがあります。

そうすると、噛みしめた時に、目で見てエラのあたりがボコッと膨んで見えることがあります。

5.何かに集中しているときに、歯をかみしめていることがある

これは起きている時の歯ぎしりです。正常の場合は上下の歯は接触していないのが普通です(ただし食事や会話をしている時は除きます)。

常に歯と歯がかみ合った状態だと歯や口の周りの組織に負担をかけてしまいます。

6.頬の内側や舌に歯形(ギザギザの圧痕)がついている

鏡で口の中を見てみてください。頻繁にかみしめることで、頬の内側の粘膜に白いギザギザの線状の跡がつくことがあります。

また舌に付いた歯型は分かりやすく、歯ぎしりをしている人の舌の側面に歯の形に凸凹がついている場合があります。

7.ひどい肩こりや頭痛持ちである

噛みしめるときに働く咀しゃく筋のうち、側頭筋は文字通り側頭部についているので、歯ぎしりによる過度の緊張で頭痛に繋がることがあります。

また肩こりは、咀嚼筋と連動して動く肩の筋肉の緊張が原因であることがあります。

おわりに

あなたはチェック項目にいくつ当てはまりましたか?

歯ぎしりをしている自覚がなくとも、もしかしたらその不快な症状は歯ぎしりをしていることが原因かもしれません。

気になる症状があれば早めに治療してもらいましょう。

-歯ぎしり

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.