水疱瘡

水疱瘡に二回目罹ることはある?実は、帯状疱疹かも?

投稿日:

水疱瘡や麻疹は一回罹ると免疫ができて二度と罹ることはない病気だと言われています。

でもたまに、一回目の水疱瘡が症状の軽いものだと二回目があると言う話を聞きませんか?

水疱瘡は第2類学校感染症とされている病気です。とても感染力が強い病気で、水疱瘡になると保育園にも行けませんし仕事も休まなくてはなりません。

そうそう何度も罹ると困る病気ですよね。

今回はそんなちょっとモヤモヤしてしまう水疱瘡の疑問を解決しますよ!

スポンサーリンク

本当の所、水疱瘡に二回目はあるのか?

結論から言うと、水疱瘡に二回目はありません。しかし、水疱瘡と良く似た症状がでることはあります。

水疱瘡の原因となっている「水痘・帯状疱疹ウイルス」は水疱瘡が完治した後にも死滅する訳ではなく、体の神経節に留まります。

そして、体の免疫力が落ちた時等に再び水痘・帯状疱疹ウイルスが増殖し皮膚に発疹として現れることがあります。

この時にできる発疹は水疱瘡と同じものなので一見すると水疱瘡の二回目のように見えますが、この時の病名は水疱瘡ではなく、帯状疱疹と呼ばれます。

つまり、水痘・帯状疱疹ウイルスに初めて感染した時の病名を水疱瘡と呼び、水痘・帯状疱疹ウイルスが再び活発に動き出した時の病名を帯状疱疹と呼ぶのです。

水疱瘡も帯状疱疹も同じような症状の経過を辿りますので、どっちも同じじゃないの?と思われる方もおられるでしょう。

それでは、水疱瘡と帯状疱疹の違いを見ていきましょう。

 

何が違うの?水疱瘡と帯状疱疹

水疱瘡と帯状疱疹にはいくつかの違いがあります。中でも決定的に違うのは、強い感染力を持つ水疱瘡に対して、帯状疱疹には感染力はありません。

帯状疱疹に罹ったからと言って、仕事を休む必要はないということですね。

 

≪水疱瘡と帯状疱疹の違い≫

  • 感染力

水疱瘡…有り

帯状疱疹…無し

 

  • 発疹ができる箇所

水疱瘡…体の至る所にできる

帯状疱疹…水痘・帯状疱疹ウイルスがとどまっている神経に沿って発疹ができる

また、発疹ができるのは体の右側か左側のどちらか、この2点が水疱瘡と帯状疱疹を見分けるポイントとなります。

帯状疱疹の発疹は体の神経に沿って「帯状に疱疹」ができます。名前の由来が良く分かりますね。

スポンサーリンク

水疱瘡に二回罹ったと勘違いする訳

水疱瘡と帯状疱疹の関係をよくわからないと、どちらも同じような発疹が出る病気ですので帯状疱疹を水疱瘡と勘違いしていると思われます。

もしくは、水疱瘡が原因で出た訳ではない発疹を水疱瘡と勘違いしたのかもしれません。

 

おわりに

水疱瘡にかかると体に抗体ができますし、水疱瘡の原因となる水痘・帯状疱疹ウイルスは体の中に居続けます。

水疱瘡と帯状疱疹の関係を見ていくと、どうやら水疱瘡に二回目はなさそうだという事が分かると思います。

少しでも、水疱瘡に対するモヤモヤした疑問の解決の助けになれたのなら幸いです。

 

-水疱瘡

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.