女性ホルモン

女性ホルモンと肌荒れの原因?黄体ホルモンを活性化させるには?

投稿日:

毎回生理前には肌荒れに悩まされるとなんとなく気が付いている方も
多いのではないでしょうか。

実は女性の肌は女性ホルモンが大きく関係していることが分かっていて、
生理前には肌荒れが起きやすい状態になることも医学的に証明されています。

そのため生理前など女性ホルモンが大きく変化する時期には
肌ケアも変えてあげることが大切になります。

ここでは女性ホルモンと肌荒れの関係を説明していきます。

スポンサーリンク

女性ホルモンと肌荒れの関係

女性ホルモンと肌荒れは関係があります。
女性ホルモンには卵胞ホルモンと黄体ホルモンの2つのホルモンに分けられます。

○卵胞ホルモンの働き
・女性らしい体を作る
・女性らしい考え方を作る
・子宮内膜を厚くする
・自律神経を整える
・精神的に安定する
・血行を整える
・代謝を整える
・妊娠しやすい状態にする

○黄体ホルモンの働き
・細菌の侵入を防ぐようなおりもの
・免疫力が低下
・皮脂分泌の活性化
・基礎体温の向上
・腸の運動機能の低下
・水分を体に留めて置く

女性ホルモンが肉体的、精神的にも大きく影響を与えることは知られています。
女性ホルモンは日々その分泌量が変化するためのもので、
生理前になると下痢を引きをこしたり便秘になったり、
それだけではなく胸が張ったり食欲が増減したりすることがあるでしょう。

これらは女性ホルモンの増減によって、
その女性ホルモンの作用が表れているためです。

卵胞ホルモンは妊娠することが出来るようにする変化で、
黄体ホルモンとは妊娠を継続させるために体が変化していくので、
どちらも女性にとって重要なものだと言えます。

卵胞ホルモンは生理開始後から排卵まで多く分泌されます。
黄体ホルモンは排卵後から生理前まで多く分泌されます。

特に生理前はホルモンバランスが大きく乱れる時期であり、
黄体ホルモンが多く分泌される様になる時期なので、
肌はその影響を強く受けます。

卵胞ホルモンが活発な時期は比較的肌の状態は安定していますが、
黄体ホルモンでは皮脂分泌が活性化するなど
肌荒れを引き起こしやすい環境になってしまうのです。

スポンサーリンク

生理前に行うことが好ましい肌ケア

黄体ホルモンが活性化することで皮脂分泌が促されますし、
水分を溜め込みやすく体温が向上しますのでどうしても、
肌荒れを引き起こしやすい環境になってしまいます。

女性ホルモンのバランスと大人ニキビには大きな関係があると言われているのは
黄体ホルモンの作用によるものだったのです。

生理前には皮脂が過剰分泌されますので、
しっかり皮脂を洗い流すように洗顔剤を用いて1日2回洗顔を行いましょう。

黄体ホルモンが皮脂分泌を促すのは、
体を乾燥や刺激から身を守るためですので、
洗顔後はしっかりと保湿してあげることが重要になります。

皮脂の分泌が増えたからと言って保湿ケアを怠ってしまうと、
より皮脂が分泌されてしまうので注意してください。

普段よりもさっぱりした洗顔剤を用いるのがおすすめです。

スポンサーリンク

卵胞ホルモンは美肌ホルモンと呼ばれている

生理前にホルモンバランスが大きく変化する時期だけ
女性ホルモンと肌の関係を意識することが多いですが、
黄体ホルモンだけではなく卵胞ホルモンも肌の大きく関係しています。

卵胞ホルモンは肌のコラーゲンの生成を促すことも分かっており、
卵胞ホルモンの分泌量が多い時期では、
肌荒れなど肌トラブルが少ないことも分かっています。

そのため卵胞ホルモンは美容関係では美肌ホルモンと呼ばれていることも多いです。
そのため化粧品の中には女性ホルモンに似た働きを持つと言われている
大豆イソフラボンなどが配合されていることがあります。

女性ホルモンで美しくなるということは本当だったのです。

まとめ

女性ホルモンのバランスは肌にも大きな影響を与えていますので、
肌ケアは月経周期に合わせて行うのが理想的です。
そのため月経周期をしっかりと把握しておくことも大切です。
女性ホルモンによる肌荒れは毎月繰り返してしまいがちですので注意しましょう。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.