お金

奨学金の返済は毎月なのでけっこうな負担になります。

投稿日:

お金

①N.M②男性③25歳④独身

今私はまさにお金が無い状態です。私は入社3年目の会社員です。だいたい月の手取りは23万前後、ボーナスはそんな期待できず手取りで夏、冬ともに30万程度です。

年収は正確に計算したことはないのですが、おそらく300万後半だと思います。世の中的には新卒の3年目の給料でいえば、悪くもなくよくもないというところだとは思うのですが、なんせお金はありません。その大きな理由の一つは奨学金の返済があります。月に2万5千円ずつ返す必要があります。この2万5千円が非常に痛いのです。23万の手取りから家賃や光熱費、奨学金の返済などをすると、残りは8万円程度しか残りません。業種がらなのか飲みにいく機会が多く、自分も飲みに行くのが大好きなので、飲み代が生活費のほとんどを占めてしまっています。ただ、飲みに行くことでストレス発散にもなっているので、回数を減らすことは少し考えても、飲むのをやめるというのは自分の選択肢にありません。

そうした生活を入社して2年続けてきました。1年目は住民税が無かったのですが、昨年より住民税もとられるので、1年目よりさらに厳しくなってしまいました。そうした生活を続けていると、常に手持ちのお金が無い状況なので、結婚式や帰省などの出費がかさむイベントがある月は本当に大変です。入社して1年半はなんとかやりくりをしていたのですが、1年弱前に給料日なのに支払等でお金が無くなってしまい、家賃が払えない状況になってしまいました。

家賃を滞納するわけにはいかないので、どうするか考えましたが、考えてもお金は出てくるわけではないので、どこからか借りることを決めないといけない状況でした。ネットでいろいろ調べた結果、すぐに借りれる可能性があるのは消費者金融で、審査も消費者金融の方が銀行のキャッシングサービスより審査がとおりやすいということがわかり、アコムに申し込みをしました。アコムにした理由は出社で使う最寄駅の前に大きな看板があり毎日見ていたので、どうせ借りるなら有名なところがいいと思いアコムにしました。

ネットで申し込みをしました。申込額としては20万円にしました。すると審査の電話がかかってきて、最後に50万円までであれば申し込み可能ということを言われました。50万円というのは少し大きい額に感じたので、結局は30万円で申し込みをしました。次の日には振り込まれたので家賃も無事払うことができほっとしたことを覚えています。以降は毎月結局4万~5万ぐらい借りる生活になってしまいました。結局30万の上限金額も半年で達してしまいました。もう一度増額申請も考えましたが、ネットの経験談を読むと、あっという間に借りるお金が膨らんでしまうということで、少し怖くなり、なんとか増額をせずに生活を続けれています。しかし、利子分を返すだけで元本がまったく減っていない状況です。金利の低いところに借り換えというのも考えたのですが、新しいカードをもつのは嫌な気持ちもあり、そのままの状況になっています。今後、増額申請をせずにどこまで生活を続けれるのかは自信はありません。借金の額を増やさないためには、給料があがるしかないのですが、今の世間の経済状況では難しいだろうと思います。そこが本当に自分の悩んでいる点です。

-お金

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.