女性ホルモン

女性ホルモンとニキビの関係とは?卵胞ホルモンで肌ケア!

投稿日:

男女問わずニキビは出来てしまうものです。ニキビが出来てしまう原因はホルモンだけではありません。

しかし女性ホルモンの働きによって肌の環境が変化することによって、ニキビの出来やすい状態が生み出されてしまっていることが分かっています。

 

女性ホルモンと肌(ニキビ)の状態

女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンと呼ばれるホルモンの2つに分けられます。

これらはそれぞれ体にとって大きな影響を与えています。女性ホルモンは肌にも働きかけられるものです。

それぞれの女性ホルモンの特徴を見てみましょう。

 

卵胞ホルモン

  • コラーゲン生成の促進
  • 自律神経の安定
  • 外部からの刺激を受けやすい

 

黄体ホルモン

  • 皮脂の分泌の活性
  • 利尿作用
  • 体温上昇
  • 水分を溜める

 

思春期になると男女ともにニキビに悩まされる方が増え、思春期ニキビと言われることもありますよね。

これは、思春期には性ホルモンが活性化する時期であるためにホルモンバランスが乱れることによるものだと言われています。それほど肌の状態とホルモンは密接に関係しているものなのです。

男性の場合は男性ホルモンの皮脂分泌を促す作用によりニキビが出来やすい環境になります。

女性の場合は女性ホルモンの中の黄体ホルモンが皮脂分泌を促すことが大きな原因と考えられます。

 

男性ホルモンの場合は一定した量が分泌されるのでケアしやすいですが、女性の場合は生理周期と一緒にホルモンバランスが変化しますので、意識したケアが必要になります。

スポンサーリンク

女性ホルモンを利用した肌ケアとは

女性ホルモンによって肌の脂質バランスが崩れてしまいニキビが出来てしまう場合には、生理周期を理解した肌ケアを行うことが大切になります。

女性ホルモンは卵胞ホルモンと黄体ホルモンが交互に高まります。これは生理が関係しているものですので、女性ホルモンを利用した肌ケアでは、生理周期を理解しておくことが大切になります。

 

卵胞ホルモンは生理開始から排卵まで分泌され、黄体ホルモンは排卵後から生理開始前まで分泌されるホルモンです。

一般的に卵胞ホルモンが活発な時期は肌の調子が整っていると言われています。肌はコラーゲンを生成されやすい時期で肌が再生されていく時期ですので、美容液や保湿ケアが重要になってきます。

 

黄体ホルモンが活発な時期は皮脂分泌が盛んになり、ニキビが出来やすい環境になってしまいます。体温上昇によって血色が良くなるため毛穴が開きやすい時期でもありますので、化粧を行う場合にはしっかりと化粧を落とすことが大切になります。

 

 

卵胞ホルモンは別名美肌ホルモン

卵胞ホルモンはエストロゲンと呼ばれることもあります。卵胞ホルモンの働きを見てみると分かるように、肌を活性化させることの出来る時期ですので、美肌ホルモンと呼ばれているホルモンなのです。

自分を美しく見せる写真を撮影したいと思ったら、卵胞ホルモンが活発な時期を選ぶと良いと言われているくらいです。それほど女性ホルモンは肌の状態に影響を及ぼすのですね。

では美肌ホルモンと呼ばれる時期であればニキビの心配はなく、肌ケアに特に気を付けることはないのかと言えば、卵胞ホルモンの分泌を促す食品を摂取することがより肌を美しくする秘訣です。

 

卵胞ホルモンを促す食材

  • 大豆
  • リンゴ
  • キャベツ

 

これら食材は卵胞ホルモンの分泌を促す作用があると言われています。どれも女性ホルモンという観点からだけではなく、栄養も豊富で食事に取り入れたいものばかりですので、摂取しやすいでしょう。

 

おわりに

女性ホルモンはこのように肌の状態と密接に関係しています。

大人ニキビに悩んでいるのであれば、生理周期に合わせた肌ケアを行うことを意識してください。

ホルモンのバランスが崩れた場合や、ホルモンのバランスの変化によって肌質が変わっていることに気がつけない場合には、どうしても適切なケアが遅れてしまいますので、日ごろからホルモンバランスを意識しておくことが大切になります。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.