女性ホルモン

女性ホルモンを減らす、減ってしまう?どうなるの?

投稿日:

女性ホルモンの増やし方は色々なところで見かけますが、減らすというのはあまり見かけませんよね。

女性ホルモンが減ったらどの様な症状が出るのか、減ってしまう要因、また女性ホルモンを意図的に減らすことの意味についてお話ししたいと思います。

スポンサーリンク

女性ホルモンを減らすと体への影響は?

エストロゲンの働き

エストロゲンは別名「美のホルモン」と呼ばれています。

その名の通り、エストロゲンには肌や髪のつやを良くしたり、乳腺の発達を促すことでバストがふっくらとしたりします。また、精神的にも穏やかになります。まさに女性らしさが全面に出る時期です。

分泌が増える時期は、生理開始頃から排卵日頃です。この時期は体調が良い女性も多いでしょう。

エストロゲンの分泌を増やすことで美しくなるという情報が囁かれ、エストロゲンを増やす方法が色々なところで見られます。

プロゲステロンの働き

プロゲステロンは別名「黄体ホルモン」「妊娠ホルモン」と呼ばれています。分泌が増える時期は、排卵日頃から生理開始頃です。

プロゲステロンは子宮内膜を維持したり、受精卵が着床するのを助けたりする働きがあります。

 

エストロゲンが女性に嬉しいホルモンであるのに対し、プロゲステロンは女性の体に様々な不調を起こすことがあります。

胃腸の働きが弱くなるため、胃痛や胃もたれ、便秘や下痢などの症状が出やすくなります。また、下腹痛や腰痛、頭痛などの症状が出る人もいます。精神的にもイライラしがちです。

女性にとって不快症状をもたらすホルモンですが、女性にとって非常に大切なホルモンです。

スポンサーリンク

女性ホルモンの分泌を減らすことによって起こる症状とは?

エストロゲンの分泌が減ると?

エストロゲンの分泌が減ると、月経異常が起こりやすくなります。

エストロゲンは卵胞を育て排卵を促す働きがある為、分泌が減ると排卵がされにくくなるため月経異常になるのです。また、更年期のような症状があらわれる場合があります。

プロゲステロンの分泌が減ると?

プロゲステロンの分泌が減ると、黄体の維持が難しくなるため、受精卵が着床しにくくなり不妊の原因となります(黄体機能不全)。

女性ホルモンを減らしてしまう要因とは?

睡眠不足

睡眠は、ホルモンバランスを維持する上でとても大切です。睡眠不足が続くと体に様々な不調が出てきます。

過度なストレス

ストレスはホルモンバランスを崩す大きな要因となります。ホルモン分泌を命令している視床下部はストレスに非常に弱いのです。自分なりのストレス解消法を見つけましょう。

食材

女性ホルモンを減らしてしまう可能性のある食材を紹介します。

ブロッコリーやカリフラワー、キャベツなどのアブラナ科の野菜には、抗エストロゲン作用がありエストロゲンの分泌を押さえてしまう可能性があります。また、緑茶に含まれるカテキンは、エストロゲンの減少をもたらすことが分かっています。

さらに、柑橘系やきのこ類もエストロゲンの分泌を減らす作用があります。

スポンサーリンク

女性ホルモンの分泌を減らす意味とは?

女性ホルモンの分泌が増えすぎると?

女性に様々な恩恵をもたらしてくれるエストロゲンですが、分泌が増えすぎても様々な不調が出てきます。

代表的なものが、月経異常、甲状腺の異常、肥満、最悪の場合子宮がんや乳がんなどの原因となることがあります。

また、プロゲステロンの分泌が増えすぎると、肌荒れが酷くなったり精神的に不安定になってしまいます。ただし、プロゲステロンの分泌が増えすぎることはあまりないと言われています。

女性ホルモンを意図的に減らす方法

エストロゲンに限ることですが、食事療法などでエストロゲンの分泌を減らすことがあります。上記のような食材を意図的に摂ったり、生活習慣を見直したりすることで、エストロゲンの量が減る(分泌量が正常になる)と考えられています。

おわりに

いかがでしたか?

女性ホルモンの働きや、分泌量が減ってしまうとどの様な症状が出るのか、また減らす方法もお分かり頂けたと思います。

日頃の生活習慣や食事などに気を付けて、女性ホルモンと上手に付き合っていけたらいいですね。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.