ワセリン

ワセリンでおすすめは?優秀な白色ワセリンをご紹介

投稿日:

ワセリンでおすすめの商品はどれなのでしょうか?

プロペトやサンホワイトなどもありますが、ここでは白色ワセリンのみについてまとめてみたのでご紹介しましょう。中には非常に優秀なものもあるので、ぜひチェックして活用してくださいね。

スポンサーリンク

トラブル肌には白色ワセリン

ワセリンの中でももっともポピュラーな白色ワセリンには2種類あります。薬局・ドラッグストア・処方箋のみでしか手に入らない医療用のものは日本薬局方に適合し、第3医薬品に分類されます。一方化粧用の扱いをされているものは比較的どこでも手に入るのが特徴です。

 

日本薬局方の白色ワセリンはあらゆるメーカーから製造・販売されていますが、主にネット通販で見かけるのは以下の3社の商品でしょう。

 

  • 健栄製薬
  • 大洋製薬
  • 昭和製薬

 

どのワセリンもボトルに入っていて、いかにも薬品という雰囲気のパッケージが特徴です。ベタつきが強く使用感もけっしていいとは言えません。ただ純度が高いため肌にやさしく使えるのが特徴でしょう。肌表面に油膜を張って水分蒸発を防ぐ作用が高く、トラブルが解消される方も多いことから、肌トラブルを抱えた方に人気です。

 

まれに刺激や赤みを伴う接触性皮膚炎を引き起こしてしまう方もいますが、白色ワセリンは医療レベルで使われるほど安全性の高いものなので心配せずに使えますよ。

スポンサーリンク

健栄製薬の「白色ワセリンソフト」の効果

ボトルタイプの白色ワセリンが製造されている健栄製薬ですが、チューブ式の「白色ワセリンソフト」も販売されています。どちらも日本薬局方、第3医薬品に該当していますので肌トラブルにも安心して使えるでしょう。違いと言えばその使用感です。

 

通常の白色ワセリンはベタつきが気になりますが、白色ワセリンソフトはベタつかず塗りやすいのが特徴でしょう。製造工程が普通のワセリンと比較すると多く手間がかかることから、やわらかくするための添加物を使わなくてもやわらかくなりますよ。やわらかいことから伸びもよく、ワセリン独特のベタつきがないワセリンが作れます。

 

あらゆるワセリンの中でも圧倒的な人気を誇っているのが特徴でしょう。同じ健栄製薬の一般的なワセリンと値段を比較すると2~3倍くらいは高くなりますが、それでも他のクリームと比較すると、安全で高い保湿力が魅力なことから非常におすすめです。肌トラブルなく使い心地もいいことから品薄になるほどの人気商品ですよ。健栄製薬の「ベビーワセリン」も中身は同じです。

スポンサーリンク

化粧用。大洋製薬の「ワセリンHG」もおすすめ

大洋製薬には「ワセリンHG」という商品があり、一見は医薬品に見えますが化粧用の扱いになっています。にもかかわらずワセリンHGは医療用プロペトと比較しても色が白く、不純物濃度は低いため、安心して使えますよ。もちろん傷や皮膚トラブルなど医療用として使っても問題ないとメーカーさんもおっしゃっています。

 

ではなぜ安全に使うべき日本薬局方の白色ワセリンよりも、ワセリンHGは高精製されているのでしょうか。その理由はワセリンHGが化粧用であるため顔につけたときの紫外線の影響を少なくするためです。主に傷口や皮膚トラブルに使用すると思われる薬局方の白色ワセリンは紫外線に当たる機会が少ないため、それほど心配ありません。

 

その点顔に使うワセリンは紫外線の影響を最小限にしなければ、ダメージを受けやすくなってしまうからです。大洋製薬の白色ワセリンからもわかるように、医療用だから、化粧用だから、という理由で純度を決めていないパターンもあるのです。

 

よって購入の際にはメーカーや店頭スタッフに相談することをおすすめします。ここではいうまでもなく、ワセリンHGがおすすめですよ。

 

まとめ

  • 基本的に肌トラブルには白色ワセリンがおすすめ
  • 健栄製薬の白色ワセリンソフトは使い心地№1
  • ワセリンHGは同大洋製薬の白色ワセリンよりも純度が高くて安心

白色ワセリンの中にはプロペトやサンホワイト並みに安全に使えるものもあるので、ぜひチェックしておきましょう。通常のワセリンより値段が高くなってしまいますが、他の化粧品と比較すると非常に安いのでおすすめです。また肌トラブルにも使えるのも魅力ですよ。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.