片頭痛

嫌な片頭痛の本当の原因とは?繰り返さない為の原因解明!

更新日:

急に襲う片頭痛は、時に生活に支障をきたす程に激しく、嘔吐を起こしたり何日も頭痛が治まらずに過ごさなくてはならない事もあります。

日本人の多くが片頭痛に悩み、その多くが女性です。日常生活に支障をきたす頻度が高いにも関わらず『鎮痛剤』で誤魔化し病院で治療を受けていない人の方が多いのも事実です。

この片頭痛は何故起きるのか、解消法は本当に薬しかないのかを解説していきます。

片頭痛で日常生活が送れない!もしかしたらあなたもですか?

屈強な男でも、激しい片頭痛を起こすと涙を流す程に苦しいものです。

緊張性頭痛と呼ばれるものは、ストレスや疲労から起こりやすく頻繁に起きやすいのですが、非常に軽度でリラックスしたり休むと治まったりマッサージで首や肩をほぐすと楽になる事が多いものです。

この緊張性頭痛も、片側に起こったり目の奥から痛むので片頭痛と思い込む人が多いようです。緊張性頭痛は、首や肩の張りや『試験や面接』『人前に出たとたんに頭痛が起きる』ように精神的・肉体的な緊張により起きるものが緊張性です。

片頭痛は発作的に起こり、頭が少し動くだけでもズキズキと痛みます。その内に立っていられなくなったり、気絶してしまう事もあるようです。

頭痛は主に血液の流れに原因あり

緊張性頭痛も、精神的な緊張を感じる事により筋肉までも緊張してしまい血行が悪くなる事で起こりやすくなります。

その他にもホルモンや神経伝達が何等かの影響を受けると起きるともされています。頭痛の本当の原因は未だに解決されておらず『一人一人頭痛の原因は異なる』ものです。

私の知人は、子育て後にパートに出始めてから片頭痛持ちになりました。本人は『プレ更年期』と最初は思っていたようですが、いきなり頭痛が起こるので脳外科にまで診察を受けにいったそうです。

現在は、病院から処方された薬を飲んでいますが原因は不明だそうです。このように片頭痛の原因を特定する事は難しく、病院で検査をしても不明であることが多いので『だったら鎮痛剤で』誤魔化している人がとても多いのです。

片頭痛は脳に原因がある?

片頭痛は起こると脳内の血管が縮んで広がっている事が分かっています。

この時にセトロニンというホルモンが分泌される為に、血管や血行が原因であると考えられています。ただ片頭痛の場合には、頭痛と共に嘔吐やめまいなど身体にも異変が起きるのが特徴です。

どんな頭痛も、身体に何等かの原因があり引き起こされます。この事からも、片頭痛は血行や血管に問題があると起きると言われているのです。

冷えが原因で片頭痛が起きる

私達の身体は自律神経で動かされています。

活動している時には、交換神経が働き脳を活発に働かせたり身体を動かしますが、リラックスしたり眠っていると副交換神経が働きます。交換神経が働いていると、動脈は縮んでいて身体が緊張しています。

反対に副交換神経が優位な時には動脈は開き血液もぐんぐん身体を流れて栄養を運び、細胞を活性化しています。頭痛は血管が縮んで広がると起きるので、身体が冷えていたり極度な緊張で血管が固くなると起きやすいのです。

血行が悪くなると、身体には様々な弊害が起きますが、脳に血液が回らなくなるとこれは大変な事です。片頭痛は、身体の異変のサインでもあり『これはマズイよ』と脳が反応すると起きやすいと言えます。

まとめ

片頭痛持ちの人は、運動不足や冷え性、栄養バランスの偏り、疲労やストレス等、あまり健康的な生活を送られていない人が多いようです。

血液は栄養を運び、身体を浄化する大切な働きをしています。血液の汚れや、流れの悪さは片頭痛以外の病気の原因にもなります。

身体や血管が縮みきってしまうと、片頭痛が起きやすいと言えるでしょう。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.