ワセリン

プロペトとワセリンでは効果や副作用に違いってあるの?

投稿日:

  • プロペトとワセリンはどのような効果や副作用をもたらすのでしょうか?
  • 市販で購入しようとしたときにどちらを選んだらいいのか?

…迷ってしまう方もいるはずです。

医療機関の処方でなぜワセリンでなくプロペトを処方されたのか

…と疑問になる方もいるでしょう。

ここではプロペトとワセリンの違いについてまとめました

スポンサーリンク

不純物を高精製したプロペト

ワセリンに含まれている不純物を高精製して作られたのがプロペトで、4ランク中2番目の純度を誇っているのが特徴です。

黄色ワセリンは精製されておらず一番純度が低くなります。ついで黄色ワセリンを精製したものが白色ワセリン、白色ワセリンを精製したものがプロペトに、プロペトを精製したものはサンホワイトという順になっています。

医療機関で処方されるワセリンの中ではプロペトの純度が一番高いので、敏感肌や赤ちゃんなどのデリケートな肌の保湿に使われます。また純度の高さから眼科レベルでの治療に使われることもあります。眼のまわりのケアなどで処方されるプロペトは皮膚科で処方されるものよりも規格が厳しくなっているのが特徴です。

眼球に使われることもあり、適切な粘度・刺激要素の除去・加熱減菌に耐えられるものなどの基準が義務付けられてるからです。

スポンサーリンク

保湿剤の代表ワセリン

一般的にワセリンと呼ばれるものは白色ワセリンを指します。4つの純度の中では3番目ですが、黄色ワセリンを高精製して作られているため安心して使えるのが特徴です。ワセリンは精製されていない状態では黄色ですが、不純物を精製すると白色になるためこのような名がついたと考えられます。

白色ワセリンは医療機関ではもっともポピュラーな保湿剤として乾燥肌へのケアなどに使われています。また敏感肌にも処方されるほど肌へのやさしさも魅力ですよ。また原料の石油が大量に手に入ることやプロペトと比較すると精製の手間が少なくて済むことで、低コストも実現しています。金銭的心配をせずに使えることから、長期的に使用できるのもメリットでしょう。

 

実は同じプロペトとワセリンの効果

不純物に対する純度が違うプロペトと白色ワセリンですが、実は得られる効果には大差がありません。どちらも肌に油膜を張り肌からの水分蒸発を防ぐだけで、肌にうるおい成分を与えるような作用がないのが特徴です。

確かに肌の水分蒸発を防ぐだけでも「保湿」していることになります。しかしあくまでも肌にある水分をキープするだけで、与える作用はないので注意しましょう。

プロペトと白色ワセリンの共通点は肌の水分蒸発を防ぐこと以外にもう一つ、健康保険が適用されることです。医療機関での処方箋を受けられるプロペトと白色ワセリンは、安く手に入るのがもっとも大きな魅力でしょう。サンホワイトは純度がもっとも高いのにもかかわらず医薬部外品になっていて、保険が適用されないので値段が高くなってしまうのが欠点です。そのような点からもプロペトと白色ワセリンは安心して使えると言えるでしょう。

スポンサーリンク

プロペトとワセリンの副作用

副作用についてもプロペトと白色ワセリンは大差がありません。基本的にワセリン商品全般はどれも肌に浸透しないので皮膚に影響を与えるような作用はもたらしません。ただ不純物によって接触性皮膚炎を引き起こす可能性が100%ではないのもふたつの共通点で、副作用と言えますね。

白色ワセリンは黄色ワセリンを高精製して作られているため純度の高いオイルに仕上がります。プロペトはさらに高純度になりますが、それでも副作用を引き起こしてしまう人がいるのも現実でしょう。

ようは個々の肌質とプロペトや白色ワセリンの相性によって肌ダメージが変わってきます。しかし多くはデリケート肌にも使えるくらいやさしいことから安心して使えるのが魅力的ですね。

 

まとめ

  • 白色ワセリンを高精製したものがプロペト
  • 純度の高いプロペトは眼科で使われることも
  • 純度が違うプロペトも白色ワセリンも効果や副作用に変わりはない

実はプロペトもワセリンも不純物の純度に違いがありますが、肌への効果や副作用に変わりはありません。よって自分の肌のデリケートさで選ぶのがお肌にも金銭的にも優しい方法だと言えます。白色ワセリンを選んでも高精製されているので安心、値段の安さも魅力でしょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.