ワセリン

ワセリンの純度は?種類別による特徴の違いを比較してチェック

投稿日:

ワセリンにはいくつか種類があります。個々の純度にどのような違いがあるのか、疑問になる方もいるでしょう。選ぶときに知っておいて役立つ知識なのでまずはチェックしてください。ここではワセリンの純度についてまとめてみました。

スポンサーリンク

ワセリンの種類

まずワセリンには4種類ありますが、すべて純度が違います。ここでは純度の低い順にご紹介しましょう。すべてに共通しているのは高い保湿力と値段の安さですよ。

 

黄色ワセリン

黄色いペースト状のオイルで不純物が残っている状態のワセリンです。医薬部外品に分類されていて保湿に役立ちます。ただ黄色をしているのは不純物が残っているサインなので顔のケアに向かないのが特徴です。「ヴァセリン」が黄色ワセリンの代表的存在ですよ。

 

白色ワセリン

黄色ワセリンを精製して不純物を取り除いたのが白色ワセリンです。高精製されているため安全に使え、医療機関の処方箋や市販の医薬品としても販売されています。健康保険が利くため、安いワセリンをより安く使えますよ。ワセリンの中でもっともポピュラーな存在です。

 

プロペト

白色ワセリンを精製したものがプロペトです。より高精製されているため、白色ワセリンに含まれる不純物に刺激を感じてしまう方におすすめです。皮膚だけでなく眼科用のプロペトも開発されておりより純度の高いワセリンとして重宝しますよ。同じく処方箋や市販の医薬品としても購入でき安く使えるのが魅力でしょう。

 

サンホワイト

プロペトを精製したものがサンホワイトです。プロペトで刺激を感じてしまう方におすすめですよ。ただ医療機関での処方がなく健康保険が適用されないため値段が高くなってしまいます。ワセリンの種類でもっとも純度が高いにもかかわらず医薬部外品となっています。

スポンサーリンク

純度による違いのポイント

ワセリンの純度による違いのポイントは刺激の感じ方と使い勝手でしょう。

 

刺激の感じ方

ワセリンの種類による純度の違いは肌への刺激にもつながります。当然純度が低い黄色ワセリンは刺激を感じやすく、サンホワイトでは感じにくいのが特徴ですよ。刺激の強さもワセリンの純度に関係してくる可能性はありますが、個々の肌質や使用する部位による刺激の感じ方の違いも大きく関係してくると言えます。顔やデリケートゾーンは皮膚が薄いので刺激を感じやすく、皮膚が厚い手のひらは感じにくいと言えるでしょう。

 

使いよさも違う

純度の違いは使い勝手にも大きく影響しています。ワセリンの純度が低い白色ワセリンはベタベタしてしまい、けっして使い勝手がいいとは言えません。しかしプロペトはやわらかい質感で伸びがいいのが特徴でしょう。さらにサンホワイトは質感がよくなりますが、個人差によってはプロペトと変わらないという意見も…。一般的には純度が高いほど使い勝手もよくなると言えます。

スポンサーリンク

純度だけで決めるのではなく個人差にも注目

もしワセリンを使うのなら純度だけで決めるのではなく、刺激や使用感など個人差で決めることをおすすめします。

 

本当は純度の高いサンホワイトを使えばより安心ですが、精製を繰り返さなければならず手間がかかってしまいます。するとコスパもかかるためサンホワイトを保険適用させてしまうと採算が合わなくなってしまい、市販のみの販売となってしまいました。よって安く購入することは不可能なのです。

 

その点白色ワセリンは安く使うことができるのが魅力でしょう。ワセリンの中ではサンホワイトより2ランク下の純度になりますが、医療機関で使われるほどの純度を誇るため、刺激なく安全に使えるのが特徴です。なるべくなら白色ワセリンを使いたいところですが、刺激を感じてしまう方はサンホワイトよりも保険適用されるプロペトを選んだ方が安く使えて安心ですよ。

 

中にはプロペトで刺激を感じてしまう人もいますし、白色ワセリンでも快適に使える人もいます。このように個人差が大きいのが特徴です。一丸にワセリンの種類だけで決めるものではなく、あくまでも自分に合ったものを使うことが大切ですよ。

 

まとめ

  • ワセリンには黄色ワセリン・白色ワセリン・プロペト・サンホワイトがある
  • 純度による違いはワセリンごとの刺激の感じ方と使い勝手
  • ワセリンの種類ごとの違いだけでなく個々の肌質の違いによっても刺激の感じ方が違う

ワセリンには4種類あってもっとも純度の低いのが黄色ワセリン、もっとも高いのがサンホワイトになります。純度によって刺激の感じ方や使い勝手に差がありますが、個々の肌質によっても刺激の感じ方が違うので、自分に合ったものを使うのが上手な選び方になるでしょう。

-ワセリン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.