片頭痛

片頭痛を食事で予防・改善するための上手な食事療法とは?

更新日:

毎日の食事の中には、身体に必要な栄養が豊富に含まれています。どんな食事も、量を加減してしっかり食べる、よく噛んで食べる事で健康な身体を作ることが出来ます。

同時に予防に役立ったり、控えたい食事もあるので、毎日の食事を見直して片頭痛を予防や改善していきましょう。

 

片頭痛は食事で改善できる?

食事は人の健康や美容を左右します。身体が喜ぶ食事をすることは、健康な心と身体を作ります。ですが特定の食べ物だけを食べたり抜いたりすれば『バランス』が崩れてしまいます。

糖質や脂質の摂りすぎは良くありませんが、抜きすぎも問題です。どんな食事も、バランスと良いものを積極的に食べる事で片頭痛は改善できます。食事のバランスと何を控えるのか、何を積極的に食べるのかを意識するようにしてみてください。

 

良い食事を選び悪い食事避けること

糖質と脂質は身体を作るためにも必要ですが、現代人の食事では過剰になっていることや、その摂り方が問題視されています。

脂質は、色んな食物に含まれていますが、それ以外にも補給する必要があります。大切なのはトランス脂肪酸で、動物性油だけでなく植物性の油にも含まれていることを知ることです。

 

マーガリンやショートニング、植物油脂にもトランス脂肪酸が含まれている可能性はありますし、ファーストフードや外食でもオーガニック食以外には使われています。知らない内に、トランス脂肪酸の多い食事をしている事も片頭痛の原因を作り出しているのです。

脂質の中でも『オメガ3』は、玄米にも含まれる大切な栄養です。必須脂肪酸でありながら、精米した白米を食べる事で必要な摂取量が減らされているのが事実です。青魚に豊富なEPA、DHAもオメガ3です。

食事が和食から洋食に偏る事で、本来は必要な脂質が摂られずにトランス脂肪酸が多くなっているのも事実です。加工や精製されたものを全て控えるのは難しいと思います。便利で旨味をプラスする為に、少量は良いとしても『過ぎれば毒』になるのですから、食事の内容や選び方に注目する事で、片頭痛に良いものと悪いものを選別していけます。

 

無理せずゆっくり変えていく事

運動をしない人にいきなり走れとかストレッチをやれといっても満足には動けません。出来ることを、ゆっくり無理なくやる事でどんどん出来るようになります。

食事も同じで、いきなり片頭痛に良いからコーヒーを飲めと言われても苦手な人は飲めませんし、チョコレートも絶対に食べるなと言われて断ち切る事も難しいものです。

糖質や脂質、減塩も出来る事から始めていくと次第に身体がそれに慣れてきます。3食の1食を洋食にして2食は和食にしたり、マーガリンは出来るだけ控えてオリーブオイルにする、白米も上白米より7分に精米したり、1食を玄米に切り替えていくなど工夫も必要です。

 

まとめ

あれもこれも片頭痛に悪いからと排除すると、これがストレスにも繋がります。片頭痛は食事でも改善できますが、それだけでなく運動やストレスを溜めない事も必要です。

無理難題を自分に押し付けても、後々好きなものをドカ食いすれば終わりです。自分のペースで、食事を改善していく事が結果的に片頭痛を楽にするのですから、今までの食事を少しだけ考えてみてください。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.