片頭痛

片頭痛を生活習慣で予防!水分の取り方!砂糖の多い食事を見直し

更新日:

生活習慣病はかつては、中年以降の病気と言われてきましたが、近年では子供から生活習慣病のリスクを抱えています。

食生活はもちろんですが、毎日の過ごし方がこれらを引き起こします。頭痛も、普段の何気無い事が積み重なり悪化させているのですから、起きないように予防すれば嫌な片頭痛にビクビクしながら生活する必要はなくなるのです。

 

日本人の水分の摂り方

日本人はお茶が好きです。食後には必ずお茶を飲んでいたものですが、ファミレスを見ても「飲み放題」のフリードリンクでジュースやコーヒーを飲む姿が見られます。

これらは「水分」とは異なるので、いくら飲んでも水分補給にはなりません。ジュースやコーヒーを飲んでいる事で「水分補給しているつもり」になっていて、肝心な水を飲む事を忘れています。

植木鉢に水をやらずに栄養剤だけを補給しても枯れてしまうように、毎日水分をしっかり飲んでいないのにサプリや栄養ドリンクを飲んでも身体には吸収されません。何故なら血液を浄化し栄養を取り入れやすくするのは「水」だからです。

いくら身体に良い健康ドリンクもジュースも、身体には嗜好品でしかありません。血液の流れを良くするには、水を毎日しっかり飲むことが片頭痛予防に繋がるのです。

 

砂糖の多い食事を避ける

片頭痛の人で、甘いものを食べた後に片頭痛が起きると答える人がいま。カカオの豊富なチョコレートは健康効果もありますが砂糖を含んだチョコレートには砂糖が大量に含まれています。

特に精製された白砂糖は、吸収が早く血糖値を高くしてしまいます。白米やパンより、白砂糖の多いチョコレート等を食べ続けると血糖値が上がったり下がったりします。

こうなるとインスリンホルモンが増えたり、細胞の中に脂肪として蓄えられたりし肥満にも繋がります。片頭痛だけでなく、健康障害を起こしかねない砂糖の多い食品を控える事も予防に繋がるのです。

 

食事のバランスを見直す

どんな病気も基本中の基本の食生活。ファーストフードや外食が多く、飲酒の多い人ほど片頭痛になりやすいものです。

食生活の改善は片頭痛の緩和予防に役立ちますので、乱れていると感じたら見直しをしていきましょう。足りない栄養はサプリで補給するのも良いでしょう。

 

正しい姿勢と呼吸を身に付ける

姿勢の乱れは、歪みだけでなく内臓の位置をずらしてしまいます。これが血液の流れを阻害し、冷え性や片頭痛の原因にもなります。姿勢が悪いと呼吸も乱れますから、これも血管の収縮を引き起こします。

正しい姿勢を身に付ければ、呼吸も自ずとから正しく出来るようになります。片頭痛が辛いと呼吸も乱れ、ますます悪化させてしまう事からも、正しく姿勢をキープして呼吸を乱さない事も片頭痛予防の1つ。

時には、身体を伸ばして身体の隅々に血液を巡らせる事も忘れないようにしましょう。

 

まとめ

食生活を少し見直したり、身体を動かして姿勢を整え美味しい空気をたくさん身体に取り入れること。

たっぷりと水分を摂取するようにするなど、高いお金を使わなくても予防は出来ます。少しだけ自分の身体と対話すれば片頭痛もゆっくりと消えていくのです。

-片頭痛

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.