妊娠線

お腹にできたぶつぶつ妊娠線がかゆい!対策にステロイド使って大丈夫?

更新日:

shutterstock_198414131

妊娠後期になってくるとお腹にぶつぶつとした湿疹のようなものができることがあります。これがかゆくてガマンできず掻き毟ってしまうことはないでしょうか。このぶつぶつは何?お腹の赤ちゃんは大丈夫?と不安になります。このぶつぶつの正体と、対策はどうしたらよいかみていきましょう。

 

ぶつぶつができてかゆい

妊娠によりおこる肌のトラブルの中で、赤いぶつぶつがお腹などにできる症状には妊娠性痒疹・妊娠性皮膚掻痒症・PUPPPがあげられます。
いずれもかゆく赤いぶつぶつができ、かゆいのが特徴になります。
妊娠線ができると、皮下組織などの断裂でかゆみが起こることもありますが妊娠線ができたかゆみだけでなく赤いぶつぶつができたときはこのような妊娠性痒疹・妊娠皮膚性掻痒症・PUPPPが疑われます。
妊娠線に沿ってブツブツができることもあり、妊娠線ができたからかゆいんだと思い放置しているとどんどんかゆくなってきたり、ぶつぶつが広がっていくこともあります。
またかゆいのでどうしても掻き毟ってしまうこともありますが、あまり掻き毟っているとその部分の皮膚が黒ずんでくることや、余計に湿疹がでてくることもあります。妊娠線のせいでかゆいとは決めず、場合によっては重い症状が潜んでいる場合もありますので、ひどくかゆい場合や、ぶつぶつがひどくなってきた場合には無理せず主治医にみてもらいましょう。

 

かゆみやぶつぶつの正体

かゆみやぶつぶつが起こる原因に妊娠性痒疹・妊娠性皮膚掻痒症・PUPPPが疑われる場合があります。
・妊娠性皮膚掻痒症
妊娠中期から後期にかけて、強いかゆみが全身に起こる症状が現れたら妊娠性皮膚掻痒症の疑いがあります。出産すると治るのですが、かゆいため掻き毟ってしまい皮膚を傷つけたり、日頃からかいていることにより色素沈着がおこることもあります。湿疹はなくかゆみだけがでてくるのも特徴です。
・妊娠性痒疹
妊娠初期頃からかゆみとともに赤い発疹が起こるのが妊娠性痒疹になります。。まだ起こる原因が分かっておらず妊婦の100人に1人に起こるという割合のため、蕁麻疹と勘違いしやすく間違った対処をしていて悪化させてしまったりすることがあります。
・PUPPP
妊娠後期からお腹を中心としてとても強いかゆみと湿疹ができるのがPUPPPです。重度になるとお腹だけでなく手や足、頭などにも広がっていくこともあり、かゆみで寝られない場合もあるそうです。
まだ原因が判明しておらず、妊婦の2~5パーセントが発症するといわれています。

 

かゆみにステロイドの使用や影響

かゆみや湿疹でかきむしってしまうことがあります。そうした場合ステロイドを使いたくなりますが、妊娠中のステロイドの使用は大丈夫なのか不安になります。
ステロイドというと怖いというイメージを持つ人も多いと思います。昔のイメージのままですと、ステロイドは極力使わないほうがよいと言われていたかもしれませんが、最近では無駄に長引かせて悪化させるよりもステロイドを使ってしっかり治すほうがよいと言われています。使用により胎児への影響はないので、医師の診断の元処方されたものであれば言われた通りに使うようにしましょう。
妊娠中は肌質も変わることが多く、今までなかったトラブルが起こる可能性もあります。妊娠線のかゆみだから大丈夫なんて思わずに、妊娠性痒疹といった可能性などもあり得ますので、かゆみや湿疹が気になる場合は主治医に診てもらいましょう。
かゆみがひどい場合には飲み薬も処方される場合もありますが、医師の診断で出されたものであれば胎児への影響がないものを処方してくれますので心配なことがあれば、相談するようにしましょう。
ただし自己診断で治療を行うのは危険なので、必ず医師の診断で治療を行うようにしましょう。

 

かゆみやぶつぶつをガマンしない

妊娠中だから少しくらいガマンしないとと思い、ガマンすると悪化してしまう可能性があります。妊娠線ができたからかゆいと自己診断しがちですが、ぶつぶつやひどいかゆみが出てきた場合には主治医に相談しましょう。

-妊娠線

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.