妊娠線があっても水着(ビキニ)は大丈夫?海やプールの水着選び

shutterstock_198414131

妊娠線は頑張って子供を産んだ証でもあり妊娠線があっても恥ずかしいことではありませんが、やはり女性として自分の肌に妊娠線があるのは気になるものです。
特に肌を見せることになる海やプールといった水着になる場所ではなおさら気になるものです。子供と一緒にプールや海に行く機会も多い夏妊娠線がある場合どうしたらよいでしょうか。

スポンサーリンク

妊娠線があっても気にしない!

妊娠線は子供を産んだ証でもあります。その為あまり妊娠線ができていてもあまり恥ずかしくはないという方も多くいらっしゃるものです。特に子供と一緒に水遊びするときというのは、肌をそんなに見る人は旦那さんくらいではないでしょうか。旦那さんが気にしていなければ、恥ずかしがることはありません。堂々とビキニを着てしまいましょう。
妊娠線があっても決して女性としてマイナスなわけではありません。下手に隠していると余計に目立ってしまうものです。堂々としているほうがあまり目立ちません。海やプールに行っても好きな水着を着ましょう。きっとそのほうが素敵で楽しい海やプールで過ごす時間になることです。
だけど、どうしても妊娠線をそのまま見せることに躊躇する人や心無い言葉を発する人がいてその言葉に傷つく方もいます。また旦那さんがどうしても気になるということもあります。そうしたときはまた違うで水着やビキニを着るための方法を試してみてはいかがでしょうか。

妊娠線を隠す水着を選ぶ

妊娠線があってもビキニを着れる人は羨ましいと思っていても、中々それはできないと言うとも少なくないものです。人からはあまりひどくないというような妊娠線でも、元の肌を知っている自分であるからこそどうしても妊娠線が気になってしまいます。
だけど海やプールで水着を着たい、できればまたビキニを着たくなるものです。そうしたときには妊娠線を隠すような水着やビキニを選んでみてはいかがでしょうか。妊娠線ができる範囲は人様々で、ビキニを着ても隠れる部分しかないという方や、どうしてもビキニでは隠れない部分に妊娠線ができてしまったという方もいます。
自分の妊娠線はどこにできているかを把握し、その部分を隠れるような水着を選びましょう。
最近はサロペットタイプやタンニキタイプが流行っています。太ももの部分だけであれば、スカート付きの水着やパレオ付きの水着もオシャレです。
また最近は日焼けをしないために長袖の水着(ラッシュガード)もママや子供にも人気になっています。この長袖の水着はお腹だけでなく、二の腕も隠れるので妊娠線が腕などにできた人にもオススメの水着となっています。

スポンサーリンク

どうしてもビキニが着たい

妊娠線を隠すのではなく、堂々と妊娠線を消してビキニを着たいという方もいます。だけど妊娠線はそうすぐに消すことはできません。だからといって諦めないでください。もし水着やビキニを着るまでに猶予があるのであれば、妊娠線を薄くしていくための努力をしてみませんか。
妊娠線が完全になくなるということは難しいかもしれませんが、妊娠線や体質によってはかなり妊娠線を目立たなくしてビキニを着ても妊娠線がわからないくらいにまで、薄くすることも可能かもしれません。
妊娠線を薄くする方法はいくつかありますが、どの方法もすぐにという訳には行きません。もしプールや海に行くまで数ヶ月あれば妊娠線クリームを試して見たり、レーザー治療を初めてみたりしてはいかがでしょうか。
ビキニを着るためにといっても今すぐ妊娠線を薄くすることはできません。今年がダメであれば来年ビキニを着れるように今年のうちから妊娠線を薄くするための方法を試して行きましょう。

まとめ

妊娠線ができたからといっても、水着やビキニを諦める必要はありません。妊娠線をそのまま気にしないで水着を着ても良いですし、気になるのであれば妊娠線ができた部分だけをうまく隠す水着を着るのもよいでしょう。時間があれば妊娠線を薄くする方法だってあります。自分の着たい水着を着て海やプールで楽しみましょう。

アドセンス
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加