女性ホルモン

2種類の女性ホルモンと妊娠、妊活の関係とは?

投稿日:

生理が正常に来ているのであれば、タイミングが合えば妊娠できます。実は、この正常な生理は女性ホルモンの働きと関係があります。

妊娠したいと思っているのであれば、女性ホルモンの働きと妊娠との関係をしっかり学んでおきたいところです。

女性ホルモンの働きとは

女性ホルモンと言う言葉は日常生活の中でも良く耳にしますよね。美容や健康関連の話題でも、女性ホルモンの働きは無視できないものなのです。

女性ホルモンは2種類あり、それぞれ卵胞ホルモンと黄体ホルモンと言います。これらは脳から指示を受け、卵巣から分泌されるものです。卵巣から分泌されるという言葉で、ピンときた方も多いかもしれません。

女性ホルモンとは女性らしい体を作り上げ、妊娠するための体つくりに欠かせないホルモンなのです。

女性ホルモンの具体的な働き

卵胞ホルモン

  • 子宮内膜の増加
  • 乳腺の増殖促進(胸が大きくなる)
  • 皮脂代謝抑制(女性らしい丸みのある体を作る)

黄体ホルモンの場合

  • 月経周期の決定
  • 着床しやすい子宮環境を整える
  • 妊娠の継続
  • 体温の上昇
  • 皮脂分泌の増加
  • 食欲増加

女性ホルモンの働きと一口に言っても、実は卵胞ホルモンと黄体ホルモンは全く別の働きを行っています。

スポンサーリンク

妊娠と女性ホルモンの関係

女性ホルモンは妊娠するために必要な体を作り上げてくれています。妊娠するためには排卵が起こり、受精し子宮内膜に着床する必要があります。女性ホルモンはこれら妊娠に必要なことを、それぞれ支えてくれています。

女性ホルモンは女性らしいボディラインや女性的な思考、妊娠機能を支えている大切なホルモンです。

例えば男性が女性ホルモンの注射を行うと、筋肉量が低下し脂肪が増え丸みのあるボディラインになり、胸も大きくなるのです。

ではこの女性ホルモンが具体的にどのように妊娠を支えているのか説明していきますね。

 

女性ホルモンは2種類ありますが、これは排卵を境にしてより多く分泌されるホルモンが変化します。生理開始後から排卵前までを卵胞ホルモンが多く分泌され、排卵後から生理開始前まで黄体ホルモンが多く分泌されることになります。

卵胞ホルモンは子宮内膜をしっかり作り上げていきます。それから精子を迎え入れられるように粘度の低い頸管粘液を分泌させます。

黄体ホルモンは排卵後に多く分泌されるもので、子宮内膜をより着床しやすい状態にします。体温を上昇させ、子宮内膜をより厚くするのです。そして頸管粘液を粘度の高いものにし、子宮内に雑菌が入り込むのを防ぎます。

卵胞ホルモンと黄体ホルモンがバランスよく分泌されている場合、生理周期や基礎体温表は安定したものになります。つまり女性ホルモンが正常に分泌されている場合は妊娠しやすい状態であると言えます。

しかし女性ホルモンが正常であるかどうかと、生理痛やPMSは関係性が分かっていません。また子宮内膜症やチョコレート嚢腫など子宮関係のトラブルと女性ホルモンの関係も分かっていません。

女性ホルモンが正常であることは重要ですが、女性ホルモンが正常であれば必ず妊娠出来るわけではないことも知っておくべきです。

スポンサーリンク

妊活と女性ホルモンの関係

妊活を行なうのであれば、基礎体温表を付けることになると思います。

排卵を境に体温が2層に分かれているかどうかチェックし、排卵日や生理開始日を予測するために利用される方が多いでしょう。実はこれは女性ホルモンの働きをグラフ化したものなのです。

黄体ホルモンの分泌量が増えると体温が上昇するという仕組みを利用しているものです。

そのため2基礎体温表をつけるということは、女性ホルモンの働きを見るということになります。

基礎体温表が正常ではない場合には、女性ホルモンのトラブルが考えられますので注意してくださいね。

 

まとめ

女性ホルモンはか女性にとって欠かすことが出来ない重要なホルモンです。その働きを知ることは妊娠することの出来る状態であるか、また妊娠することの出来る時期なのかどうかをチェックするのに有効的です。

-女性ホルモン

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.