健康

肩こりに湿布は本当に効く?温湿布と冷湿布の使い分けとは?

更新日:

middle-aged woman-02

家庭に必ず常備されている湿布。

急激な痛みには湿布が効果的ですが、『肩こりは温湿布と冷湿布どちらを使うのか』『本当に楽になるのか』疑問に思っている人もいると思います。辛い肩こりが湿布で治まるなら、利用したいもの。

今回は湿布と肩こりについてお話をしていきます。

温湿布と冷湿布は症状で使い分ける

温湿布も冷湿布も基本的には『炎症を抑える成分』が含まれています。温湿布にはトウガラシのように血行を良くする成分が加えられているので、肩こりには温湿布が適しています。

肩こりは筋肉の炎症が原因?

肩こりにも筋肉が緊張してしまいカチカチになった為に痛みがあるもの、関節や靭帯に損傷があり肩こりとして痛みがあるものに分かれます。

四十肩や五十肩の場合には、筋肉の炎症や神経組織の炎症が原因なので冷神経を使います。姿勢が悪く、筋肉の緊張でこりが生まれている肩こりには温湿布が適しているのです。

一般的に『肩こりは温湿布』と言いますが、あくまでも筋肉の緊張からくる肩こりには効果的ですが、神経組織に炎症がある・筋肉や筋膜が炎症を起こしている肩こりには『冷湿布』で炎症を抑えなくてはいけません。

こっている部位に熱を持っているような場合や、神経組織に炎症があるような時に温湿布を貼ってしまうと、血行が良くなり痛みが強くなるので注意しましょう。

湿布はあくまでも痛みを抑えるもの

肩や腰の痛みに効く湿布も、成分が色々とあり病院で処方される湿布と同じ成分が含まれているものもあります。辛くて眠れない、仕事に差し支えるような肩こりに利用する人もいるでしょう。

湿布を貼れば一時的に、肩こりは楽になります。痛い患部の血行を促しますから楽にもなるでしょう。ですがあくまでも一時的な改善でしかなく、根本的に肩こりの原因を取り除かなくてはぶり返すだけなのです。

湿布は長く貼っても意味はない

『○○時間痛みを取る!』と長時間効果が持続する魅力的な湿布も発売され、慢性的な肩こりに悩む人の救世主となっています。

湿布は皮膚から痛みのある患部に成分が浸透して、痛みを抑えてくれます。それだけ成分が強くきくわけですから、長時間貼りつづけたり何度も同じ場所に貼ると皮膚がかぶれやすくなります。

湿布を使って肩こりを治すのではなく、肩こりを楽にする為の1つとして利用する事を考えましょう。

湿布を貼るタイミング

肩こりは筋肉が緊張して硬くなっているので、お風呂上がりで全身の血行が良くなっている時に貼りましょう。冷えた身体に貼るよりも、温まった時に貼るとより血行が良くなりリラックスします。ヒリヒリしたりかゆみが出たら直ぐに外しましょう。

湿布を利用する時に注意したいこと

先ず、湿布には痛みを抑えたり炎症を抑える成分が含まれています。皮膚吸収の薬になるので、妊婦や喘息、高血圧の人は注意が必要です。飲み薬と違い、手軽な湿布は誰でも簡単に貼れるので副作用があると知っている人が少ないようです。

湿布も薬の一種ですから、無闇に利用すれば肌荒れを起こしたり内臓疾患にも繋がります。貼ったら2時間から3時間で一度はがしてしまうこと。皮膚から成分が浸透しているので、はがしても効果は同じです。

長時間貼り続けると皮膚が荒れやすくなるので、眠る前には外しておきましょう。

まとめ

湿布は上手く利用すれば肩こりの強い味方になってくれます。ストレッチや体操だけでは直ぐに楽にならない肩こりのサポートとして利用すれば、日常的な痛みや辛さを軽減できます。

湿布で肩こりが治るわけでなく、治すための手立てです。湿布に頼りすぎて、根本的な解決を疎かにすると何時までも治りません。

一時的に楽にしたい時に利用するものと考えて上手に活用しましょう。

-健康
-

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.