産後

産後はなぜ痔になりやすい?原因と2つの改善方法とは?

更新日:

Beautiful-woman-24

産後のトラブルとして、多くの人が痔を経験しています。排便の度に痛みを感じるのは地味につらいものがあります。

痔になるのは恥ずかしい事だと思い、なかなか病院に行けず、周りにも相談できないまま悪化させてしまう人も多くいます。誰でもなりやすいからこそ、早めに対処すれば症状が軽いうちに改善することができます。

産後の女性が痔になりやすい原因と、改善方法をご紹介します。

産後はなぜ痔になりやすいのか

出産時にいきむため

出産時のいきみにより、肛門に強い力がかかり、そのせいで痔を引き起こしてしまいます。うっ血により静脈瘤ができる「いぼ痔」が一般的です。

便秘になるため

会陰切開の傷跡が気になり、産後すぐは便をするのを恐がってしまい、そのせいで便秘になる事があります。

また、ホルモンバランスが乱れるため、それまで快便だったという人も突然便秘になったりします。そのほか、育児のストレスや睡眠不足などにより自律神経の働きが崩れるなど様々な理由が考えられます。

産後の痔の改善方法

便秘を解消する

痔になってしまうのは便秘が最も大きな要因と言えます。便秘を解消する事が、痔を治す一番の近道なのです。

食物繊維を多く含む食品を積極的にとる

繊維質の食品や水分を多くとるよう心がけましょう。野菜を多くとるのはもちろんですが、苦手な人は、納豆などの大豆発酵食品や、こんにゃくなどもおすすめです。

朝起きてすぐに冷たい飲み物をコップ一杯ほど飲むのも効果的です。また、ヨーグルトや料理にも使える、オリゴ糖をとるのも便秘の解消にとてもよいとされています。

生活習慣を見直す

産後は授乳により血行不良を起こしやすくなります。血行が悪くなると体の冷えを招き、冷えは便秘を引き起こしてしまいます。

できるだけ暖かいお湯に浸かるなどして体を温めましょう。また、育児で忙しくても、できるだけ朝は決まった時間に起きて朝食をとるよう心がけましょう。

毎日の排便習慣を整えるために、規則的な生活を送る事はとても大切です。

ストレスを溜め込まない

ストレスも便秘の要因の一つです。イライラや不安な気持ちはできるだけ家族や友人に打ち明けて、一人で抱え込まないようにしましょう。

ストレスは自律神経の働きにも大きく影響し、便秘を長引かせてしまう事があります。「つらいな」「疲れたな」と思ったら早めに周りに助けを求めたり、リフレッシュする時間を作るようにしましょう。

ひどい場合は手術も可能

産後の痔は時間とともに良くなる場合がほとんどなのですが、症状が悪化した場合は、薬による治療や、それでも治らないときは手術も可能です。

病院に行くのをためらいがちですが、産後の女性の多くが経験するものですから、悩む必要は全くありません。放っておいて悪化させれば、最悪の場合、脱肛などを引き起こしかねません。そうなる前に、早めに相談するのが最善の方法なのです。

おわりに

産後の痔は、多くの場合が自然に治っていくものです。まずは生活を見直したりできる事から初めてみましょう。

あまり悩みすぎず、つらい時は病院に相談するなどして、早めの改善を目指しましょう。

-産後

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.