産後

産後の生理、いつからはじまる?妊娠前との違いは?

更新日:

Beautiful-woman-28

妊娠中や出産後に、「そういえば生理はいつからはじまるんだろう」と疑問に思う事でしょう。

妊娠を機にしばらく生理がなかったため、「また毎月の苦しみが戻ってくる…」と憂鬱な気持ちになる人もいるかもしれません。すぐに次の妊娠を希望している人は、生理が始まるのを待ち遠しく思っている事でしょう。

産後の生理再開はいつからなのか、また、妊娠前とでは量や痛みに違いがあるのか、妊娠はいつから可能なのかについて解説します。

産後の生理再開はいつからなのか

授乳期間により異なりますが、完全にミルクで育てている場合は産後2ヶ月ころから、授乳をしている人では産後半年から1年ほどで、産後初めての生理があります。

産後の生理再開には、母乳の出を促す「プロラクチン」というホルモンが影響しており、授乳をやめてから1ヶ月ほどでこのプロラクチンの分泌がおさまります。そのため、通常は断乳から1~3ヶ月ほどで生理再開となります。

しかし、産後はまだホルモンバランスが乱れやすく、育児によるストレスもあり、生理不順を起こしやすい時期です。必ずしもこのとおりに生理が始まるとは限りません。

生理は女性にとって、体の健康状態を判断するための重要なものさしになります。もし大きく遅れるような場合には、病院で診察を受けるようにしましょう。

妊娠前と違いはあるのか

一般的には、妊娠前に生理が重かった人は軽くなると言われていますが、これは出産により子宮内の環境が変化したためです。

また、出産後は子宮が少しずつ時間をかけて回復していくため、しばらくは量が多く痛みも強かったという人もいます。もちろん、妊娠前と全く変わらなかったという人も多くいます。

かなり個人差が大きく、人によって違いがあるようです。中には、つらかった子宮内膜症が改善したという喜ばしいケースもあり、出産がその後の女性の体に与える影響は大きいようです。

いずれの場合にも、きちんと毎月生理があり、我慢できないほどの痛みがないのであれば、体がきちんと回復してきている証拠ですから、安心してください。

妊娠はいつから可能なのか

排卵があれば妊娠可能となります。そのため、産後初めての生理が来る前に次の妊娠をする場合もあります。

基本的には、授乳をしている限り排卵も生理もないのですが、授乳の頻度が減ってくるとプロラクチンの分泌が弱まり、排卵が起こる場合があります。すぐに次の妊娠を考えていないのであれば、きちん避妊をするよう気をつけましょう。

逆に、生理があるのに排卵が起こらない場合もあります。産後はホルモンバランの乱れや、ストレスなどにより生理不順になりすく、排卵の周期を把握する事がむずかしくなります。

自分の体調管理のためにも、基礎体温表をつける事をおすすめします。

おわりに

産後の生理再開は、徐々にホルモンバランスが妊娠前の状態に戻り、子宮が回復してきたことを示しています。妊娠も可能な時期になりますが、まだまだ体は万全の状態とは言えません。

次の妊娠までに、最低1年から1年半ほどは開けるように、とすすめている産科医もいます。あせらず、この時期は無理をしないよう心がけましょう。

-産後

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.