産後

産後に生理不順になりやすい4つの理由とは?

更新日:

Beautiful-woman-30

出産後、生理が再開するのは早い人で1ヶ月頃からです。

通常、授乳期間中は排卵がなく、生理も来ない状態となりますが、人によっては、排卵があるのに生理だけ始まらないという場合もあります。

かなり個人差があり、あまり悩む必要はありませんが、生理が来たり来なかったりといった生理不順の状態になると、やはり不安になってしまいます。ただでさえ大変な時期なのに、不安を抱えたままでいるのは体のためにもよくありません。

産後の生理再開の流れと、なぜ生理不順になるのか、産後の体のために心がける事をご紹介します。

産後の生理再開の流れ

授乳をやめてから、通常1ヶ月ほどで生理再開となります。

全く母乳をあげていない人では、体がすぐに妊娠前のホルモンの状態に戻ろうとするため、出産の翌月には生理が再開する事もあります。授乳中は排卵を抑制するホルモンが分泌されるため、無排卵無月経の状態となります。

しかし、授乳の頻度が少ないと、授乳期間中でも生理が再開する事があります。そのため、赤ちゃんの卒乳前に生理が再開する場合もあります。

産後はなぜ生理不順になるのか

授乳の影響

授乳をやめた後、1~3ヶ月ほどで排卵を抑制するホルモンの分泌が少しずつおさまる事により、生理が再開します。しかし、この間はまだホルモンバランスが整うまでの準備期間のため、生理不順が起こりやすいのです。

ストレス

産後のお母さんは、慣れない育児に手一杯で自然とストレスを感じやすくなっています。育児による疲れやイライラ、不安感などが影響し、生理不順を起こす事があります。

睡眠不足

頻回の授乳やぐずり、夜泣きの対応など、1日中赤ちゃんのお世話に追われる日々が続きます。そのため、産後のお母さんはなかなか休む暇がなく、慢性的な睡眠不足に陥りやすくなってしまいます。

産後の体のために心がける事

できるだけ休息をとる

出産後は、半年から1年ほどかけてゆっくりと妊娠前の体に戻っていきます。それまではトラブルが起こりやすい不安定な状態にあります。

赤ちゃんが寝てくれた時は、自分も一緒に休むようにしましょう。加えて、掃除や片付けは最低限にし、料理は旦那さんに赤ちゃんをみてもらえる休みの日に作り置きして工夫するなど、家事は手を抜けるところは抜いてしまうと良いでしょう。

家族計画を立てる

産後、生理が再開しなくても排卵が起きている場合には、当然ですが妊娠する可能性があります。

また、意外と知られていない事ですが、産後の女性はとても妊娠しやすい状態にあります。それまでは不妊症で悩んでいた人が、一人目の出産の後立て続けに妊娠したというケースも珍しくありません。

上の子がまだ小さいうちの妊娠となると、お腹が大きい状態でも上の子のだっこやおんぶ、入浴などがあり、体にとても負担がかかってしまいます。また、子宮の回復も十分でないため、早産や流産などの確率も高まってしまいます。

おわりに

出産という大仕事を終えた女性の体は、回復するのに多くの時間を必要とします。あせらず、ゆっくりとかまえて、長い目で見るようにしましょう。

まずはストレスをためず、しっかりと睡眠をとるなど、心身ともに健康であることが大切です。

-産後

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.