産後

産後の出血いつまで?産後1ヶ月までの目安と不正出血の見分け方!

更新日:

Beautiful-woman-27

出産後、はがれ落ちた胎盤や卵膜、血液等が子宮内にたくさん残されています。これが外に排出されるのが、産後の「悪露」です。

はじめは量が多く、鮮血の色をしているので、「本当に問題ないの?」と心配になってしまうかもしれません。

量や血の色の目安と、不正出血との見分け方を解説します。

産後1ヶ月頃までに自然に止まる

出産直後

産後3日くらいは鮮血で量も多く、悪露専用の大判のナプキンが必要なくらいです。レバー状のかたまりが出る事もあります。また、子宮の収縮による痛みも強くあります。

産後1週間頃

色はまだ鮮血に近い色ですが、量は少し落ち着いていきます。生理の時の夜用ナプキンで足りるくらいになります。子宮収縮の痛みも少し和らいできます。

産後2週間頃

色は少しずつ茶褐色に近づいてきます。しかし、お腹に力が入ったはずみで生理の時くらいの色で大量に出血する事があります。これは一時的なもので、同じペースで出血が長く続くような事はありません。生理痛のような痛みを伴う場合もあります。

産後3週間頃

茶褐色が強くなり、量もかなり減ってきます。出産前におしるしがあった人は、それに近いものを想像してください。生理の4・5日目以降のような、ゼリー状の茶色がかったおりもののようなものになります。痛みは全くなくなります。

産後4週間頃

薄い茶色がかったおりものが少量出る程度になります。ほとんど普通の状態と変わらなくなっています。産後1か月検診で内診があり、子宮内の残留物をチェックしてもらいます。人によってはまだ出血が続いているかもしれませんが2ヶ月頃まで続くのは問題ありません。

不正出血との見分け方

胎盤遺残による出血

出産時に自然とはがれ落ちるはずの胎盤が、何らかの理由で、子宮内に残ってしまう事があります。

正常な場合でも少しの胎盤が残り、産後に排出される事があります(ふわふわとした赤紫色の固まりでレバー状ではない)が、大量の出血も伴う場合などは何らかの異常がある場合が多いです。

出産時に赤ちゃんが生まれる前に胎盤剥離が起きた場合などにも見られます。また、残された胎盤が子宮壁にくっついてしまう「癒着胎盤」なると、投薬治療や、医師が手で搔き出すなどの処置が必要になります。

発熱や大量の出血を伴う事がほとんどですので、おかしいと思った時はすぐに受診するようにしましょう。

何らかの病気の場合

子宮体がんや子宮筋腫など、何らかの病気により出血している場合があり、強い下腹部痛を伴います。症状が悪化すると、今後、妊娠しにくくなってしまうケースが多いため、生理痛よりも強い痛みが続く場合には注意が必要です。

おわりに

産後は、妊娠により大きな負担がかかった子宮が少しずつ回復していく時期です。正常な出血と、問題がある場合とを見極めることが大切です。

産後は体にたくさんの変化が現れる時期のため、不安になる事も多いかと思います。産後のトラブルは、その後体に大きな影響を残しかねません。

一人で心配を抱えるよりも、気になる時は出産した病院に問い合わせるなど、早めの相談を心がけましょう。

-産後

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.