産後

産後の腹痛は病気のサインかも?腰痛の4つの原因と注意点

更新日:

Beautiful-woman-8

産後、何かと腹痛に悩まされたという人も多いのではないでしょうか。

子宮収縮から起こる正常な腹痛から、子宮筋腫などの異常がある場合もあり、産後の腹痛には注意が必要です。そんな、気になる産後の腹痛の原因と、注意点をまとめました。

産後の腹痛の原因

子宮が収縮するため

出産が終わると、子宮はもとの状態に戻ろうと、収縮運動を始めます。これは「後陣痛」とも呼ばれ、出産時に胎盤が出た後から始まり、産後3日間ほど続きます。

痛みは強く、弱めの陣痛のため、産後はこの後陣痛に苦しむ人も多いようです。帝王切開の場合は子宮に大きく負担がかかっており、回復に時間がかかるため、後陣痛が長引くと言われています。

産後1週間ほどは子宮収縮剤を処方されるので、それによりさらに痛みを強く感じるでしょう。

胎盤遺残がある

出産時に何らかの理由で胎盤が残ってしまう事があります。大概の場合が自然に排出されるのですが、排出される事なく子宮内にとどまってしまうと、発熱を伴った腹痛が起こります。

胎盤遺残があると細菌感染を引き起こしやすくなり、大変危険です。1ヶ月検診までに自然に排出されない場合は、薬によって排出を促したり、医師が手で搔き出す事になります。

病気の可能性

産後すぐに子宮筋腫や子宮内膜症を発症する事があります。どちらも、強い腹痛を感じるため、いつもと違う痛みや、生理痛より強い痛みがある場合には早めに病院を受診しましょう。

子宮の病気は放っておくと後遺症のように残り、今後妊娠しづらくなる事が多いため、特に注意が必要です。

便秘になるため

ホルモンバランスの変化と、育児の忙しさから生活が不規則になるため、産後はとても便秘を起こしやすく、それが原因で継続的な腹痛があるというケースも少なくありません。

ひどい場合は痔を引き起こしてしまう事もあります。出産した病院に相談すればすぐに下剤や整腸剤を処方してもらえますから、無理をせず、早めに解決できるよう対処しましょう。

産後の腹痛の注意点

出産の影響から起こる自然な痛みなのか、異常があってのものなのか、なかなか判断が難しい場合もあります。

特に、普段から不調を我慢しがちな人は、症状が進行してから気づく事もあります。判断のポイントとなるのは、「生理痛と比較する」事です。

妊娠によりしばらく生理がなかったため、どのくらいの痛みだったのか忘れてしまっている人もいるかもしれませんが、その場合は、本陣痛が起こる前にあった、「前駆陣痛」の痛みと比べてみてください。

前駆陣痛の痛みは一般的に生理痛に近い痛みと言われています。それらよりも痛さの度合いが強かったり、痛む場所が違うようであれば、何らかの異常が起きている場合が考えられます。

おわりに

産後の腹痛の原因は様々です。異常があるのか判断が難しい時は我慢せず、出産した病院に相談してみましょう。

小さな事でも、気になる事があれば、早めに解決しておく事が、産後の腹痛を長引かせないために大切な事です。

-産後

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.