お金

学生時代、就活のせいで生活費が足りなくなってしまいました

投稿日:

お金

30歳女性、既婚でパートで働いているM.Sと言います。初めてキャッシングをしたときは、22歳のときで当時は学生、もちろん独身でした。

最初にお金が足りないなと気づいたのは、その月のクレジットカードの支払い明細を見たときです。その頃私は就職活動まっさかり。アルバイトにもほとんど入れず、貯金を切り崩しながら生活していました。

親からの仕送りはすべて学費に消えてしまうため、この貯金がなければ生活することができません。しかし、翌月10日のカード料金の支払い明細に記された金額は8万円。就活で使った交通費等が思った以上に膨らんでしまっていたんです。カードの支払いを踏み倒すか、食費1万円でひと月を過ごすかの崖っぷちでした。

キャッシングに興味を持ったのは、お金のなさからせっかくの休日に遊びに出ることもできず、家でゴロゴロとネットをしていたときのことです。何気なく開いたページに「モビット」の広告が出ていました。そうか、20歳を過ぎていてアルバイトをしていれば、キャッシングが使えるんだ。そのとき初めてそれに気が付きました。

そしてその日のうちにそのモビットへ申し込みをしました。あまり何度も借りたくはなかったので、希望額は10万円です。他のキャッシング業者も調べてはみましたが、どこも特に差異はなさそうだったので、最初に見つけたモビットに決めました。

ネットで申し込みをして相手側から電話が来るまでは、審査に通らなかったら来月はどうやって生きていこうという不安がありました。ただ実際にお金を手に入れた後は、もし返済できなくなったらどうしようという恐怖の方が大きくなりました。

それから年に1度ほど1万円ほどキャッシングすることはありましたが、予想外の出費があったときに生活費の補てんとして使っていた程度で、返済に困ることはありませんでした。モビットだけで十分に事足りていたので、他のキャッシング業者が気になったことはありません。

初めてのキャッシングはやはり緊張しましたが、きちんと正しい使い方をすれば返済にまつわるトラブルなどに巻き込まれることもないと理解できてからは、それほど躊躇なく使うことができるようになりました。

ただ今気になるのは、過去のキャッシングがこれからローンを組んだりするときの審査に影響することがあるのかなということです。今のところ学生時代以降はお金がなさすぎて困ったという経験はしていないのですが、もうすぐ子どもが産まれることもあり、あの頃の様に貯金が尽きてしまったらどうすればよいのか、子どもの学費などをきちんと捻出することができるのかということは不安に思っています。

-お金

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.