産後

産後の生理と母乳の関係とは?授乳期間中に生理が再開したら?

更新日:

Beautiful-woman-2

産後は母乳で赤ちゃんを育てようと考えているお母さんがほとんどかと思いますが、授乳をしていても生理が来た場合、今後の母乳育児に影響はないのかと心配になるかと思います。

産後の生理と母乳の関係について解説します。

「授乳=生理が来ない」わけではない

基本的には、授乳期間中は母乳を作るホルモンの影響により、排卵が起きないため、生理も来ない状態となります。

しかし、授乳頻度やその他の理由から、授乳期間中でも生理が来ることがあります。個人差があり、理由がはっきりとしていない場合も多くあります。

子どもが3歳になるまで母乳をあげていたため、3年近く生理が来なかった人もいれば、同じようにずっと母乳育児でも、産後2か月で生理が再開したという人もいます。個人差があり一概には言えないので、あまり深刻に悩む必要はありません。

産後はホルモンバランスが不安定になりやすいことも、個人差がみられる要因になっています。

授乳期間中に生理が再開したら

母乳で育てているお母さんにとっては、産後に早く生理が再開すると母乳が出なくなってしまうのでは、と心配してしまうでしょう。確かに、生理が再開すると母乳は出にくくなり、結果的には完全に止まってしまいます。

こういうケースの場合は、ホルモンによる影響の場合がほとんどですが、まれに母乳が作られているのにうまく出せていないせいで母乳が止まってしまうことがあります。

作られた母乳が詰まり、乳房内にたまることによるもので、多くの場合はマッサージにより改善することができます。しかし、ミルクとの混合栄養の場合などは、母乳の出が悪くなっているのに気付かないまま生理が再開してしまう事があるようです。

一度生理が再開し、母乳が止まっても、マッサージなどにより再び母乳が出るようにすることができます。ただし、生理のサイクルや量などは不安定になるケースが多いようです。

母乳育児を成功させるには、毎日の赤ちゃんの様子から母乳の出をチェックすることも大事な事です。

妊娠を希望する場合は短期授乳に切り替える

年齢などの関係ですぐに二人目の妊娠を希望している場合は、できるだけ母乳育児の期間を短くし、早めにミルクに切り替えるとよいでしょう。

授乳期間中は排卵を抑制するホルモンが分泌されるため、妊娠しにくくなってしまうからです。同時に、生活リズムを整え、生理不順を改善することも、妊娠しやすい体作りのために必要な事です。

おわりに

産後の生理と母乳の関係は、必ずしも規則的なものではありません。母乳育児をしているのに母乳の出が悪くなったり、生理が始まったとしても、必ずしもお母さんに原因があるわけではありません。

産後は体調も万全ではない、まだまだ不安定な時期です。悩みすぎてストレスがたまると、産後の体の回復の遅れや、新たな病気を引き起こしかねませんあまり悩まず、「そういうものか」と気楽に構えるくらいがちょうどよいのです。

-産後

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.