辛い片頭痛の治療とは?あなたはどのタイプ?

自分の頭はどうなっているのか・・・片頭痛が起こると不安で仕方がない。何時も片頭痛を我慢して、会社や家庭の雰囲気がギスギスしてしまう。

そんな悩みを抱える人も少なくありません。特に女性に多いので、回りから『何時も不機嫌』『起こっている』と思われ、恋も上手くいかないと苦しんでいる人もいます。

スポンサーリンク

なんとか治療して良くなりたい!

女性は、毎月の生理に加え、仕事のストレスを抱えやすく頭痛を起こしやすい環境にあります。結婚や出産に育児、家事と毎日が大変です。のんびりも出来ず『鎮痛剤』で誤魔化してしまうために、薬の飲みすぎで頭痛を悪化させている人も増えています。

片頭痛だけでなく、余計な痛みまで起こしてしまうとどうにもすることが出来なくなります。市販の鎮痛剤は、痛みを抑えますが治療ではありません。

自分の片頭痛がどのタイミングで起きてしまうのかをチェックする事で適切な治療を受けられます。日常生活に不安があるような片頭痛は我慢は禁物です。一刻も早く病院で治療を始めましょう。

あなたの片頭痛はどのタイプ?

片頭痛の症状で共通するのは『血管が波打つような痛み』です。程度によりますが、少し動くだけでも吐き気がする人もいれば『ガンガン』した頭痛だけを感じる人もいます。

概ね『耐えがたい痛み』であるのですが、頭痛の前に何が『頭痛以外の異変』があるなしにも分かれるのも特徴的です。

急に目の前にチカチカした光が表れたり、身体が異常に冷えてしまい身体がこわばった感じがする、目の前が暗くなりクラクラする等です。片頭痛の原因は、脳神経である三叉神経から過剰にペプチドが放出され神経を刺激する事で起きます。

このペプチドの放出が急激であれば、予兆はなく片頭痛が起こり、じわじわとペプチドが分泌されると身体になんならの予兆が表れるのだと考えられます。

今までは、脳の血管の急激な拡張が起きる原因が特定できなかった為に、治療も困難でしたが、ペプチドが自律神経やホルモン分泌を阻害する事が痛みに変換されてしまう事が解明され効果的な治療が出来るようになりました。

スポンサーリンク

片頭痛の主な治療

比較的軽い症状の人には、抗炎症薬や鎮痛効果のあるアセトアミノフェンが処方されます。多くはペプチドの分泌を抑制するトリプタンを飲んで鎮静化させますが、吐き気が強く飲み薬が飲めない人には点鼻薬や自己注射で治療していきます。

予防目的で、抗てんかんやβ遮断薬等を保険適応で利用できます。頭痛だけでなく、精神的なストレスが原因であるならば、カウンセリングを行う治療も考えられます。

女性は月経異常等の面からも治療

女性の片頭痛の原因は、月経が関係しています。ダイエットや睡眠不足、栄養の偏りにより女性ホルモンのバランスが乱れてしまうと、片頭痛の起因となる事もわかっています。

月経前症候群や月経困難症の人に、片頭痛患者が多いことから女性ホルモンのバランスの乱れが引き金になるとも言われているのです。片頭痛の治療もそうですが、ホルモンバランスを整え月経リズムを整える治療も場合によっては必要になります。

まとめ

片頭痛の治療は画期的に進歩しましたが、未だに治療を行わず慢性化させている人もたくさんいます。慢性化すると治療に時間が掛かりますし、薬では効果が見られない場合もあります。

適切な治療を受けることで、辛い痛みを緩和できるので頭痛をそのままにしない事が大切なのです。

アドセンス
スポンサーリンク
  • このエントリーをはてなブックマークに追加