歯ぎしり

歯ぎしりによって起こる5か所の痛み!意外な肩こり頭痛も

投稿日:

朝起きるとなんだか顎が疲れていて重いような感じがする・・・そういえば起きた時に肩も凝っている気がするし、頭が痛いときもある。これってもしかして歯ぎしりのせい?!

歯ぎしりが起こす可能性のある痛みにはどのようなものがあるでしょう。

部位別に5つに分けて説明します。

歯ぎしりが原因で痛む場所

現在歯ぎしりが原因で痛むと考えられている体の部位には下記のようなものがあります。

  1. 顎の周りの筋肉
  2. 顎関節
  3. 歯ぐき
  4. 歯自体の痛み
  5. 一見関係なさそうな、肩や頭

あなたは思い当たる所はありますか?一つずつ説明していきます。

1.顎の周りの筋肉の痛み

歯ぎしりは、噛むことに関係する筋肉である咀嚼筋の異常な活動によって引き起こされます。

両手を頬に当てて、強くグッと噛むと筋肉が膨らみます。この膨らむ筋肉が咀嚼筋のひとつの咬筋です。また、側頭部にある側頭筋も、咀嚼金の一つです。

これらの筋が異常に緊張することで歯ぎしりが起こります。これが、起床時の顎の周りの痛みやだるさにつながるのです。

2.顎関節の痛み

耳の穴の少し前のあたりに顎関節があります。口を開け閉めする働きをしています。

歯ぎしりで、強く噛みしめたり、前後左右へ動かして歯をこすりあわせることにで、顎関節が圧迫されると痛みがでたり、関節の位置がずれることがあります。

そうすると、口を開けようとすると痛んだり、開けられなくなったりする、いわゆる「顎関節症」による痛みが生じることがあります。

3.歯周病による歯茎の痛み

歯周病は、歯を支えている骨が溶けていく病気ですが、歯ぎしりは、この病気の進行を進めます。

歯ぎしりにより、歯を支えている骨に負担がかかり、壊されていくのです。歯茎に負担がかかることで歯が腫れると痛むことがあります。

放置していると、歯がぐらぐら揺れるようになり、進行すると歯が抜けてしまう事さえあります。

4.歯がかける、割れることにより起こる歯自体の痛み

正常な歯の表面は硬いエナメル質でコーティングされ、守られています。それにより硬いものでも噛み砕くことができ、いろいろなものを食べても歯にしみずに済んでいます。

しかし、強い歯ぎしりで、エナメル質が欠けたり擦り減ったりして、外界の刺激がダイレクトに歯の神経に伝わり、歯が痛んだりしみたりするいわゆる「知覚過敏」の状態になります。

それで済めばまだよいですが、長期にわたりものすごい力で噛み続けることで、歯自体が大きく割れ、かなり強く痛むこともあります。

5.頭痛、肩こりによる痛み

頭痛については、咀嚼筋のひとつである側頭筋が関与します。この筋肉は文字通り左右の側頭部を覆います。

歯ぎしりによる頭痛はこの筋が過緊張を起こしていることにより生じます。

肩こりについては、咀嚼筋ではありませんが首や肩についている筋肉が、咀嚼筋と連動して働き影響を受けやすいため、歯ぎしりによりこれらの筋が痛んだり凝り固まってしまうことで起こる痛みです。

おわりに

歯ぎしりによりいろいろな痛みが生じることがあります。

長年悩まされている原因不明の頭痛や肩こりが、歯ぎしりが原因だった!ということもあるかもしれませんよ。

どの痛みにせよ、ひどくなる前に、早めに病院に診てもらうことをお勧めします。

 

-歯ぎしり

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.