冬の行事

寒中見舞いを喪中の相手に贈る!いつ出す?書き方は?構成は?

投稿日:

書き方

毎年年賀状をやり取りしている相手に不幸があって今年は年賀状を送れないということはありませんか?喪中の相手には年賀状代わりに『寒中見舞い』を使うことができます。

喪中の相手に寒中見舞いを送る場合に社会人なら普通に知っておきたいルールについて、見ていきます。

喪中の相手に寒中見舞いはいつ出すのがルール?

そもそも、寒中見舞いとは、1年で1番寒い時期に相手の健康を気遣って出す手紙のことです。

寒中見舞いは『松の内』と言われる1月1日~1月7日以降、2月4日頃の『立春』までの間に出すことがルールです。そのため、松の内が明けてすぐの1月8日に喪中の相手に寒中見舞いが届くようにしようとすると、1月6日や1月7日頃に投函するのが良いでしょう。

喪中の相手に出す寒中見舞いはどのような構成になるのがルール?

基本的には以下の6項目が最大です。

(1)寒中見舞いの挨拶となる言葉

(2)時候の挨拶

(3)書き手(自分)の近況報告

(4)今後も変わらない支援やお付き合いをお願いする言葉

(5)相手の体調を気遣う言葉

(6)日付

この中で、(2)の時候の挨拶や(3)の書き手(自分)の近況報告は、状況によって省略することもありますので、6項目の中で必須項目は(1)寒中見舞いの挨拶となる言葉、(4)今後も変わらない支援やお付き合いをお願いする言葉、(5)相手の体調を気遣う言葉、(6)日付

の4項目です。

喪中の相手に出す寒中見舞いの具体的な書き方

次に、喪中の相手に出す寒中見舞いにおいてよくつかわれる文例・フレーズについて見ていきます。

(1)寒中見舞いの挨拶となる言葉

・寒中お見舞い申し上げます

この1つだけ知っていれば、大丈夫です。ただし、はがきの冒頭に書くこのフレーズは他の文字よりもやや大きく目立つように書くのがルールです。

(2)時候の挨拶

時候の挨拶にはある程度決まった言葉やフレーズがあります。以下の7フレーズであれば寒中見舞いにも使いやすいのではないでしょうか。

  • 小寒の候:1月5日頃および、1月5日ごろから大寒(1月20日頃)まで
  • 大寒の候:1月20日頃および、1月20日ごろから立春(2月4日頃)まで
  • 松の内も過ぎ、寒気ことのほか厳しく感じられます。
  • 松もとれましたが、あいかわらず寒い日が続いています。
  • 松もとれ、厳しい寒さが続いています。
  • お正月気分も抜けてますます寒さが厳しくなってきました。
  • 年が明け、まだ来ぬ春が待ち遠しく感じられます。

(3)書き手(自分)の近況報告

特にルールはありませんが、具体的な内容の方が、受け取る側も楽しく心が和むのではないでしょうか。

(4)今後も変わらない支援やお付き合いをお願いする言葉

  • 本年も変わらぬお付き合いをお願い申し上げます。

寒中見舞いを贈る相手が喪中だということを考えると、このような内容に留めておく方が良いでしょう。

(5)相手の体調を気遣う言葉

  • 一年中で最も寒くなる時期です。どうぞご自愛くださいませ。
  • まだしばらくの間は厳しい寒さが続くようです。どうぞご自愛くださいませ。
  • 寒さはこれからが本番です。くれぐれもご自愛ください。

寒中見舞いは小寒や大寒の頃に喪中の相手に届くことが想定されます。上記のように、寒さが増してくるために体調には気をつけてほしいという内容を必ず入れて、相手を思いやる気持ちを伝えてください。

(6)日付

  • 平成○○年○月○日
  • 平成○○年一月

日付を書く場合には年号付きで書きます。日付は書く場合もあれば『平成○○年一月』というように省略する場合もあります。

まとめ

今は年賀状ソフトや無料のテンプレート集などで手軽に寒中見舞いの書式を手に入れることができます。

しかし、喪中でも相手に対する日頃からの感謝の気持ちを伝えるには、寒中見舞いを送る場合のルールは最低限知っておいた上で、相手の気持ちを考えた心が温まる様な寒中見舞いを送ることができてこそ、一人前の社会人と言えるのではないでしょうか。

-冬の行事

Copyright© マル得ニュースラボ , 2018 All Rights Reserved.